2018年を望む さらに感性を開き共振させ、満ちてくるものを待つ 生かされている‘いのち’を実感しながら前を見続けます

新年あけましておめでとうございます。
元日からお天気も良く、初日の出も見れましたね。

とか言いながら、目覚めた瞬間から吐き気がして、初日の出のために起き上がることはできなかった元旦です。

お雑煮は食べることができたので、ただの空腹だったのかも とも思うけど(笑)

吐き気がするくらいお腹いっぱいに、幸や福を受け取れということですね。

ありがたくいただきます。


▲ 初日の出

微睡みながら、今以上に自然を感じる感性を磨いていきたいなぁと想っていました。

人一倍、自然への感度はあると思いますが、さらに磨きをかけ、もっと感性(いのち)を開き、自然からのメッセージをもっともっと受け取っていく。

森や植物、動物だけでなく、空や大地、星(宇宙)に感性を開き共振させていく。

『人生をコントロールしているのはわたし自身でない。』

大いなるものに我が身を委ね、明け渡し、自分は‘生かされている’と感じながら生きていく。

2017年も「surrender」をテーマにしていましたが、2018年はもっと推進していく。

そんな1年になる気がします。


今年最初のOSHOカードは「忍耐」

耐え忍ぶというよりは、満ちてくるものをただただ待つ感覚でしょうね。

樹木で言えば、芽吹きを待つ状態。

新たな芽は必ず芽吹くと信じて、ただひたすら待つ。

そんな感じですかね。

登山でいえば、稜線に出るまでの樹林帯を黙々と登っていくようなイメージでしょうか。

明るく開けた展望地がこの先にあると信じて、ただひたすら登る。

諦めずに歩き続けていれば、目指すところには確実に辿り着けます。

今年はそんな歩み方をしていくのが良さそうな気がします。

既知の世界から未知の世界へ

怖れを手放し、細やかなところまで気を配り、自分も他者もすべてを見つめ続ける。

自分の感性(いのち)を信じて、前を向き続けます。


▲ ハワイ島・マウナロア山

世界で最も体積が大きく、麓からの高さがある山。

マウナロア山の麓は海底にあり、その麓から山頂(標高4,169m)までの高さは17,170m。

あまりの重さゆえ、地殻がマントルに沈み込んでいると言われています。

地球上で最も大きな山。

そして、100万年から、現在も活動が続いている‘生きた’山。

わたしが目指すのは、この山のようなBeing(在り方)。

マウナロア山のようなBeing元年、それが2018年ですね。

via PressSync

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です