ちょっと前に、幸せって今自分が満たされていることを感じることなんだ って思ったことがあった。

でも、今朝その感覚をじんわり味わっていたら、ちょっと違う考えが浮かんできた。

何も考えず、ただただ今この瞬間の満たされた想いを味わう。
それを幸せだなぁって感じてた。

そしたら今日はなんだか、この瞬間は永遠に続くわけではないし、いつか別れの時のは必ずくる。

そんな考えがふっと湧いてきて、涙が溢れてきた。

この涙は何?

今ここにある至福の時を手放す怖れだった。

この幸せな時間をいつか失う喪失への怖れだ。

とは言っても、それは必ずやってくる。

いつかはわからないけど、この身体を離れる時は必ずやってくる。
肉体は永遠じゃないからね。

その時、こうやってまた家族に囲まれて、幸せな感覚に満たされたいなぁ なんて思ったけど、肉体を失ってしまったら、それも伝えることができない。

そっか。

この身体があって、言葉を発することができて、身体を動かせることも“幸せ”なんだ。

想いを伝えること、行動することって、身体がなきゃできないもん。

“今この時”しかできないことなんだ。

身体を離れる時はいつ来るのか。
そんなもんわかるわけない。

だったら、感じたその時、その場で、想いを言葉にして、身体を動かして表現していかなきゃいけないんだ。

想いを伝えられること、行動できること、そのための時間を与えられていることって「幸せ」なんだな。

そう思ったら、今日という日が愛おしくなった。

一瞬一瞬を大切にしていきたい。

先送りや、「後で」「いつか」なんて言ってるヒマがあったら、動け!だ。

身体が動く時間、肉体がある時間を粗末にできないな。

そして、生かされていることへの感謝の気持ちしかないのだ。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。