ものくろさんのブログ年間コンサルティング サポート 書く気持ちさえ湧いてこない! の巻

ものくろ師匠こと、大東信仁さんのブログ年間コンサルティング・サポートを受けています。

「毎日ブログを書く」と決めたものの、できていない状態での定例セッションでした。
いつもなら、それでも何か書こうとするんですが、今回はそんな気すら全く起こらない状態でお会いしました。

書けない理由はわかってます。心の問題です。

先日、こんな記事を書きました。

この時参加していた講座で、自分の中から結構大きめな課題がボロっと出てきてしまいました。

自分と他人との間に適切なバウンダリーが築けていない時がある!って、気づいてしまったんです。

バウンダリーというのは「境界線」のことで、ここでは人間関係の中で起きてくる、心の境界線のことを指します。

適切なバウンダリーが築けず、自動で反応している自分がいる。
そして、そんな時はエゴ(自我)が絡んでいる。

そんなことがわかってきて、自分の内側を深く見つめる日々が続いています。

ちょっと離れた上空から、心の中で起きてくることを客観視する練習をしているような感じですかね。

「今、ここ」の内なる自分に意識が向いたままで、外にいかないんですね。

外に外に答えを求めたがるわたしとしては、初めてといってもいい体験を重ねています。

だからなのか、「ブログを書く」という気持ちすら湧いてこないんです。

下書きも書いてません。
WordPressも開かない。
そんな毎日でした。

でも、書きたい!

でも、書きたいんですよ。

自分との約束として「毎日更新する」と決めたから、守りたいんです。

ここでまた、「やっぱりできなかった自分」は作りたくない。

そのための、自分への新たな課題なんです。

誰かに言われたからとか、そうしなきゃダメになりそうとかではなく、自分のために決めたこと。

だから切らずに続けたい。

そこで、こんな心理状態でも淡々と書けることはないかと考えた末、ものくろ師匠に相談してみました。

すると、「まずは、それ、そのまんま書きましょう」って。

で、これ書いてます。(笑)

書けなくなった時はそれでもいい。メンテナンスしよう

どうしても、ブログが書く気が起きてこない時は、過去記事メンテナンスしたり、外観直したり、普段できないメンテナンスの時間にあててもいいんですよ。

ものくろ師匠からそう言ってもらって、ほっとしました。

書けない状況を否定せず、受け容れてもらえて嬉しかった。

自分で書けないことを責めていなくても、師匠に言われてしまうとさすがにキツイですからね。

本当に書けなくなったら、いい機会なので過去記事のメンテナンスでもしてみよう。
過去記事のメンテナンスってやったことないし。

気分転換にテーマも変えてみたので、あれこれ触ってみよう。

何を書いてもいい。とにかく文字を綴る意識は切らさない

「ブログが書けない」は結構、「自分の中から文章が出てこない」とイコールだったりするんですよね。
これは過去に何回も体験してるし、いつぞや物書きをお仕事にしてる方がそう言ってた。

ならば、文章を綴り続ける努力はしていかないと、書かない期間が空けば空くほど書けなくなる。

わたしのブログは、そのためのトレーニングな場でもあるんだよね。

どんな内容でも、たった一行でも、書き続けることに意味がある。

どれだけ立ち止まったって、何度コケたって、立ち上がって、前を向いて歩きはじめるだけさ。

ブログはわたしにとって、歩いてきた‘道 -人生-’そのものだからね。

ぼちぼちとマイペースで、マイウェイを歩くのだ。

で。

こんだけの文字数一気に書けちゃうんだもんな。

ほんと気持ちの問題なんだよな。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です