2017年も残すところあと1時間。

例年どおり実家で年末を迎えています。

今年の振り返りは年が明けたらゆっくりやろうと思ってます。

毎年のことだけど、12月はホント慌ただしくて、振り返ってる間もないんですよね。

ざっくり振り返ってみると、干支4巡目を迎えて、結婚25年・銀婚式の年でした。

実は日記記事で唯一書けてないのが、結婚25年の日なんです。

想いがあり過ぎて、書ききれませんでしたね。(笑)

一番は、ここまで共に25年を歩いてくれたダンナ氏への感謝です。

決して平坦な25年ではなく、登山のように、上りも下りもあった道のりでした。

何があっても諦めず、手を離さず、繋ぎ続けてくれたダンナ氏がいなければ今のわたしはここにいないでしょう。

これから次の25年に向けて、一緒に駆け抜けていきたいと思います。

2018年はそのスタートの年でもあります。

そして、タイミングを合わせたように、ずっとずっと探求してきた自分の天命・使命に繋がった年でもありました。

自分の奥底から、このために生きるんだ、いのちがあるのだ、そう信じられるものに繋がることができました。

来年はその道を極めていく、自分の道を踏みしめて歩いていくことになるでしょう。

これから訪れる、新しい自分に大いに期待しながら、2018年を迎えたいと思います。

2017年は「覚悟」
2018年は「行動」

覚悟して肚括って、ただひたすら行動していきます。

2017年、お世話になった皆さま、ありがとうございました。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。