プロってどんな人? プロ論を深めた ものくろ師匠との継続セッションでの気づきと問い

彩さんとの会話からの気づき

きっかけはLPL養成講座の最終講で、彩さん(大塚彩子さん)と交わした何気ない会話でした。

『雪絵ちゃんは、これからプロとしてカウンセラーやっていくの?』

『はい、そのつもりでいます。』

『だったら、わたしはプロです!って宣言しちゃいなよ。』

この彩さんの言葉を聞いた時、2つのことを感じ取りました。

ひとつは、プロ宣言したつもりだったけど、そうは伝わっていないんだ ということ。

もうひとつは、プロだか、そうでないか、曖昧にしか見えないんだろうな ということ。

彩さんの言葉は、そう見えている人もいる。
ということを教えてくれたと思えました。

そこで、まずは自分の告知ツールでもあるブログで、そこの部分をどう見せたらいいかを、定期セッションの時に、ものくろ師匠に相談してみました。

ところが、この相談がかなり深いことを掘り下げることになったのです。

『プロってどんな人?』-ものくろ師匠とのセッションでの気づきと問い

彩さんとこんな会話があったんですよね。
わたしのブログへの書き方が不味いと思うので、どう見せていったらいいでしょう?

ものくろ師匠には、そう相談しました。

その言葉を聞いた瞬間、ものくろ師匠には響くものがあったようで、セッションは単にブログへどう書くかというというDoing(やり方)だけの話ではありませんでした。

『プロってどんな人?』

ものくろ師匠に問われて、しばらく考えました。

パッと思い浮かんだのは、「その道の専門家として対価をいただいている人」。

でも、ものくろ師匠がそんなありきたりの答えのために、この質問をしているわけではないのは重々承知しています。

その真意を考えながらも、思い浮かんだままをとりあえず答えてみました。

『確かに、報酬を得ている人ですね。
では、なんで報酬を得られるんでしょう?』

『そのために、何が必要ですか?』

この質問から、プロとはどんな人か、ブログをどう絡めていくのかを深めていきました。

ものくろ師匠ご自身の経験も踏まえた話もあり、Being(在り方)も、Doing(やり方)もどちらも深めていきました。

やがて、「自分への問い」が答えとなりました。

プロとは、プロとして自覚し、覚悟を決めた人のこと。
プロに必要なのは、自覚と覚悟。

自分はプロとして、どんな覚悟が必要なんだろうか。。。

そう考えた時、その答えがわからない。

これが自分に欠けている。

そう思えました。

あけみちゃん・びわ湖ワークショップへ

翌日から、心の師匠・あけみちゃん(岡部明美さん)のびわ湖ワークショップに参加することになっています。

なんというタイミングでお題が降ってくるんだ!

この日のものくろ師匠のセッションは、このお題に気づくためだったんだ。

あけみちゃんのワークショップは、LPLとはまた違って、3日間の合宿で深く深く自分を探求することになります。

このお題を探求するために、びわ湖ワークショップに行くのか!

LPLは終わったけれど、この時点で、もう最終課題である「人生の樹」を作り直したくなってきた!

今期の、わたしのLPLの最終講は、平日コースにあるのかもしれない。

そんなことを想いつつ、この日のものくろ師匠のセッションを終えました。

ものくろ師匠とのセッションは、ホントいつも絶妙なタイミングなのですよね。

いつにも増して、今日は鳥肌モノの気づきでした。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です