我が家にMacがやってきました

パソコンを使いはじめて30年以上。

ずーーーーーっとWindowsできました。

何度かMacを所有することも考えたこともあったんですけどね。

で。

この度ご縁があって、我が家にMacがやってきました。ニヤニヤ。

以前の職場でメイン機がMacだったこともあったので、操作するのは初めてではないのです。

その時はどちらかというと、Macの方が使いやすいと思ったこともあったのですが。

ががが。

ハードにExcelを使う身としては、当時のMac版Excelは非常に使い辛く、ストレス溜めまくり(苦笑)

それがネックとなり、Macオーナーになることはなかったのです。

Macオーナーになったのは・・・「おしかけ女房」?「棚ぼた」??

で、なんで、今なのかというと、もうこれは「ご縁」としか言いようもなく。

もっと怪しくいうと「あっちからやって来た」のです。(笑)

そう、「Mac使えや〜」的にww

言葉を変えれば「おしかけ女房」的とも言えます。

でもこれは、今とても大切にしている『何事も、とりあえずは受け取る、イエス!と言う』にピッタリと当てはまったのです。

この『何事も、とりあえずは受け取る、イエス!と言う』というのにはちゃんと根拠もあって、プランド・ハップンスタンス理論(Planned Happenstance=直訳すると「計画された偶然性」理論)の考え方なんです。

プランド・ハップンスタンス理論は、ジョン・クランボルツ博士(元スタンフォード大教授でカウンセリングの大家)が提唱したキャリア理論で、「ラック・イズ・ノーアクシデント・セオリー」(その偶然は単なるラッキーじゃないよ)理論と言われています。

クランボルツ博士は、成功したビジネスパーソンを調査し、その人に成功をもたらしたできごとのうち、計画的な努力による要因は何割かと調べたのです。

何割だと思います?

研究結果は、なんとたったの2割。

残りの8割は「たまたま偶然的な要因の方が多かった」というのです。

こう書くと、「なーんだ、棚ぼたじゃん」と思うでしょ。

でも、その「棚ぼた」を受け取れたか、受け取れないかで結果は変わってくると思いません?

「棚ぼた」がやって来た時、

「あー!その棚ぼたいただきまーす!」

と言えるか、

それとも

「いえいえ、わたしなんてまだまだ」

「いやー、私には向いてないです」

「それはできないですねぇ」

と拒否するか。

その結果手に入るものは変わりますよね。

その「棚ぼた」に対して、オープンでいられるか、いつでも、どんな時でも受け取れるか。

チャンスの女神様は前髪しかない。

と、よく言われますが、その前髪を掴めるかどうかは、受け取る「心」の準備ー「オープンマインド」が一番だと思うのです。

クランボルツ博士は、こういったことができるには5つのポイントがあると提言していますが、このことは「柔軟性」という言葉で表現しています。

他の4つは、「好奇心」「粘り強さ」「楽観性」「リスクをとる」。

「棚ぼた」「チャンスの女神様の前髪」を掴むにはこの5つが必要なんですね。

人生も同じ

プランド・ハップンスタンス理論はキャリア形成で言われる理論ですが、人生においても同じだろうな、と思っているんです。

だって、「キャリア」って仕事だけでなくそのまんま「人生」じゃないですか。

なので、今は、毎日の「できごと」ひとつひとつにオープンマインドで在ろうと思っているんです。

『ならば、受け取ろうじゃないか。』
『何事も、とりあえずは受け取る』

まずは、『SAY YES〜♪』!!!

このMacとの出会いがどんな『計画された偶然性』なのか。

わかる日が楽しみです♪

と、いうことで。

この記事もめちゃめちゃ久しぶりにパソコンから書いています。

いつもはiPhoneなんでね。

パソコンということで、親指シフトで長文を書くのも久しぶり。

親指シフト入力もやり直しの気分です。(汗)

でも、楽しい♪

できないことが、できないようになるのは楽しいものです。

楽しみながらブログの更新頻度も上がるといいな〜

お初のMacの設定を1からサポートしてくださったのは、長く継続サポートを受けている「ものくろ」さんこと大東信仁さん。

WordPressブログだけでなく、Macについてもスペシャリストです。

安心してお任せできました。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。