あけみちゃんこと、心の学びの師匠・岡部明美さんが岡山で講演されるというので、出かけてきました。

単独ではなく、鈴木敬二さんと、もんじゅまさきさんと一緒に鼎談(3人での座談会)されるスタイル。

タイトルは『いのちの底力』

死に直面せざるを得ないような病気を体験された3人だからこその話を聴いてきました。

視点を変えて病気を捉えてみると、病気は神からの贈り物でしかない。

「生きる」とは「どう生きるのか?」という“いのち”からの問いかけに答え続けること。

深すぎる対話に、想像していた以上にたくさんの言葉が心に残りました。

メモもたくさん取ったので、別の形でアウトプットしていけたらな とは思っています。

懇親会は「野菜食堂 こやま」さんにて。

砂糖が一切使われていない前菜の数々。

これでもか!とお野菜中心の料理が振る舞われ、お腹いっぱい!
食べ過ぎました(笑)

今日の1枚

なんだか急に後から撮ってみたくて、パチリ。

桃太郎が指さす先には何があるんだろうね。

今読んでいる本

今日の輝き

新幹線で新神戸より西に来たのは人生2回目。
岡山駅で降りたのは初めてで、鉄分多めなわたしが登場(笑)

そっかぁ〜。
今は新大阪から鹿児島まで新幹線で行けるようになったんでよね。

内装も素敵だったなぁ。

いつか、新幹線で鹿児島も行ってみたいかも。

またひとつ旅の目的ができましたね。

今日も上を向いて歩いていこう♪

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。