今日の1枚。
選んだのはこの写真。

近所の山々が、カリフラワーだらけになる季節になりました。

いやいや、ホンモノのカリフラワーではないですよ。

カリフラワーのように、山々が、白くモコモコになるんです。

これは、シイの木の花々です。


▲シイの木の花 近くで見るとあまり目立たない

シイの木は、愛知県尾張東部の極相林を形成する木々で、初夏の頃に花が咲き乱れ、山々を覆います。

極相林っていうのは、文字どおり、極みの姿で、森の植物遷移の最終段階のこと。
これ以上、植物の交代は起こったりせず、この状態を維持していきます。

植物遷移というのは、草花に始まり、針葉樹、落葉樹、常緑樹、と生息する植物の種類が変わっていくことで、地域によってどんな森が極相なのかは異なります。

愛知県尾張東部は、常緑樹であるシイの木が主役の極相林めざして、植物遷移していきます。

マツやスギといった針葉樹の濃い緑を背景に、淡いクリーム色のモコモコがいっぱいになる季節が今年もやってきました。

1カ月前はまだ芽が吹き出したばっかりだったのに、いつの間にか森の緑も濃くなってるし。

早いなぁ。

今年は4月からあちこち駆け回ってるから、なおさら早く感じるのかも。

それでも、森の木々を見て、季節の移ろいを感じる。

カレンダーじゃなくて、自然界から季節の移ろいを感じるんですよ。

我ながら贅沢な環境にいるな と嬉しくなっちゃう(笑)

桜が終わって、森に眩しい緑が戻ってきて、フジがあちこちで咲いてたゴールデンウィーク頃。

それも写真におさめる間もなく、今はシイの花の真っ盛り。

昨日はホオノキの花も見つけちゃった。

森の木々の、花の季節なんですよね。

人が作った庭園の花々も美しいですけど、森の中でひっそりと花開く野生の花々も美しい。

何よりも「ここで生きてるんだ!」っていう活力を感じるからね。

その力強さは、人が造った花にはないものです。

やっぱりそういった力には惹かれちゃいますね。

巡る季節を森から、自然界から感じる。

その季節、季節に、どんないのちも輝いているよね。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。