今日の1枚。
選んだのはこの写真。

2年前のちょうど今頃撮った写真です。

写っているのは、カモシカ。
撮ったのは通勤途中で。

カモシカと言えば、特別天然記念物です。

こんなもの(失礼!)が近所には生息しています。

はじめは我が目を疑いました。

しかし、三重県の鈴鹿山脈で会ったこともあるし、近くにある東大演習林に学びに行った時にも、この辺り一帯には野生のカモシカが生息していると聞いていたので、「出会ってしまった♡」と感激!

カモシカ氏は落ち着いたもので、車が来ようとも、マイペース。

ゆ〜っくりとこちらを見ながら、森へと移動していかれました。

堂々としたものでした。

間違いなく、ビビったのはヒトの方です(笑)

間違いなくヒトの方がお邪魔してる感覚です。

ヒトだって、元々は自然の中に住まわせてもらってる一動物だったんだろうに、なんなんだろうこのよそ者感(笑)

自然って、思って以上に身近なのかもしれません。

それを勝手に遠ざけてしまったのはヒトの方なのかも。

悠々と道路を横断していくカモシカ氏を見ながら、そんなことを想いました。

この後も何回かお目にかかることがありました。

同じ御仁かどうかはわかりませんけどね。

近くにカモシカ氏が住んでると思うだけで、ちょっぴり特別な感覚になります。

どんないのちも輝いているよね。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。