桜の季節、混雑を避けて花見を楽しむコツは時間をずらすこと

桜の季節、あちこちにカメラ担いで出かけてますが、できるだけ混雑を避けるコツは、とにかく他人とは時間をずらすこと。

早く現地に着く、もしくは帰る頃を狙います。

「早く着く」のは撮影目的の人にとっては常識のようなものですが、これは観光でも同じだと思っています。

先日出かけた醍醐寺では、到着した10時前では拝観券は並ばずに買えました。

ところが、帰る時に見てビックリ!
11時半頃でしたが、なんと長〜い長〜い行列。。。

これ、末尾の人、券買うのにどれだけ時間がかかるんだろう。。。

到着した時も人は多かったけど、並ばずに買えただけでもよかったと胸をなで下ろしました。

桜の季節、京都だけでなくどこへ行っても、人ばっかりですよね。

それは時間と共に増えてゆく。

人の行動とは逆を行くのが、ゆったりと見るポイントです。

醍醐寺では、こりゃ花見じゃなくて、下見だよっていう迷言も飛び出しました(苦笑

桜だけでなく、お寺の施設を見て回ろうと思うと、余計に時間がかかります。

欲張らずに桜だけに焦点を絞っていくのも楽しむコツかもしれません。

醍醐寺もゆっくり楽しむために、また別の機会に訪れようと思っています。

そういう意味では、有意義な下見でした(笑)

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です