春休みの思い出… と言えば、人生初の沖縄旅 西表島でのテント泊を思い出す

春になると思い出すのが、学生時代ワンゲル部の春合宿で行った沖縄。

お金はないけど時間はある。
調理用の燃料があるので飛行機に乗れず、大阪南港からフェリーに乗り込み2泊3日で那覇に向かったなぁ。

春の太平洋は波が高くて、那覇に着いた頃には船酔いでフラフラになってた(笑)

3日目の朝、那覇に着いたばかりなのに、その夜のフェリーで石垣島へ向かう。

石垣島からはさらに船に乗り継ぎ、最終目的地西表島に着いたのは名古屋を出て4日目の夜だった。

ワンゲル部の春合宿なんでね、泊まりはテントです。

しかも今からかれこれ30年前、テントもザックも今みたいな軽量なものはなく、見た目だけで充分重い代物。

そんなもん背負って、女子大生4人で10代最後の春を沖縄・西表島でのテント生活しに行ったわけ。

こうやって書くとめっちゃ奇妙な光景だね。(笑)


▲ 写真は2014年春に行った宮古島の写真
春の沖縄っていうとグレーの空なんだよね。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です