春になると思い出すのが、学生時代ワンゲル部の春合宿で行った沖縄。

お金はないけど時間はある。
調理用の燃料があるので飛行機に乗れず、大阪南港からフェリーに乗り込み2泊3日で那覇に向かったなぁ。

春の太平洋は波が高くて、那覇に着いた頃には船酔いでフラフラになってた(笑)

3日目の朝、那覇に着いたばかりなのに、その夜のフェリーで石垣島へ向かう。

石垣島からはさらに船に乗り継ぎ、最終目的地西表島に着いたのは名古屋を出て4日目の夜だった。

ワンゲル部の春合宿なんでね、泊まりはテントです。

しかも今からかれこれ30年前、テントもザックも今みたいな軽量なものはなく、見た目だけで充分重い代物。

そんなもん背負って、女子大生4人で10代最後の春を沖縄・西表島でのテント生活しに行ったわけ。

こうやって書くとめっちゃ奇妙な光景だね。(笑)


▲ 写真は2014年春に行った宮古島の写真
春の沖縄っていうとグレーの空なんだよね。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。