セツブンソウを見に、奥伊吹に行ってきました。

”伊吹”っていうと岐阜かな?て思ってましたが、奥伊吹は滋賀県なんですね。


▲ 早春の伊吹山

ソツブンソウは文字どおり、節分の頃いち早く花を咲かせることからその名前がついています。

節分の頃といえば、暦の上では「春」だけど、冷たい風が吹き、まだまだ寒さの厳しい頃だよね。

地域によってはまだ雪が降り、どっかり積もっているところもあるでしょう。

そんな頃、雪が溶けたところからこの可憐な花は咲きます。

直径2センチ程の花の白く見えてるのは花弁(花びら)ではなく、萼(がく)で、黄色いのが退化した花びら。
紫色の雄しべとのコントラストが可愛らしいよね。

春を告げる花とはよく言ったもの。

林床あたり一面に咲く姿を見てると、寒かった冬から春の陽射しへの希望が感じます。

この可憐さに、ついつい車飛ばして見に行っちゃう。

日本原産の花だけど、乱獲や盗掘、環境破壊ために数が激減し、環境省のレッドデータブックには準絶滅危惧種(NT)に指定されています。

関東以西に自生するけど、あえて奥伊吹に行くのは他の地域より、時期が遅いから。

豪雪で有名な伊吹山の西麓、雪が遅くまで残る奥伊吹では、3月の中旬に咲くんですよ。

3月ともなれば陽射しはすっかり春。
晴れていれば暖かいんですよね。

2017年は3月24日に見に行きましたがほぼ終わりでした。
前週に見に行った家族が満開だったと言ってたので、2017年はお彼岸の三連休が最盛期だったみたい。

2015年はセツブンソウまつりに合わせて3月15日に見に行き、満開でした。
前日に雪が降ったので、残雪と一緒のところが見れましたよ。

ひとつだけ注意。

奥伊吹の自生地はスギ林の中です。

そう、スギ花粉が真上にある(笑)

最初に行った年は、帰ってからアレルギーが超ひどくなりました。

私有地を公開してくださっているので、行かれる方はマナーを守って見学してくださいね。

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。