自分の弱さをさらけ出す。

これ、ホント勇気がいります。

てか、そんなこと、好んでやる気になんかなれないよね。
誰が好き好んで、わざわざ自分の弱さをさらけ出すの!と言いたくなりますよね。

でも、自分の弱さを認める、受け容れることは本当の自分と繋がることになるんですよね。

だって、自分はこんなにちっぽけで、怖がりで、大切にされたいって思ってる、こんなに泥くさいヤツなんです!って、知られたくないから、たくさんの鎧を重ね着して、自分を強く見せてしまう。
平気なふりをするんですよ。

重ね着して厚くて重くなった鎧のせいで、いつしか本当の自分が見えなくなる。
その鎧と同化してしまった姿こそ、自分だと思えてしまう。

わたしも40年以上同化してしまい、本当の自分を見失ってました。

自己探求を始めて、重ね着した鎧をひとつずつ脱ぎ去り、弱くて、小さい自分を少しずつ認めていくと、一番底にはちっぽけでびーびー泣いてる私がいて、あぁ、これが本当の私だったわーと認めた時、ほっとしたというか、なんともいえない安心感がありました。

どれだけたくさんの鎧を重ねて、強がって、隠して生きてきた人生だったけど、弱くてちっぽけなのが自分なんだと認めて、さらけ出しちゃってからの方が断然生きやすい。

一番嬉しいのは周りが優しいこと。

わたし弱くてちっぽけで、できないから助けてください!って言えるようになったことで、周りがホント優しく感じるし、世界が優しくなった気さえする。

自分の弱さを認めて、さらけ出すことで、他人の助けを借りること、助けてもらえることに、素直に感謝の気持ちを感じる。

心からありがたいと思える。

そして、自分にできること、形で、お返ししていきたいと思うのです。

弱くてちっぽけなわたしでも、できることはあるもの。

わたしのできることが、他の人の苦手なこととマッチングすれば、それでええじゃないですか。

自分の弱さは他人の強みを活かすことになる。

この循環が世界を変えていくよね。

アドラー的に言えば、共同体感覚なんだろうなぁ。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。