今日も昨日に引き続き、ビジョン(「こうなりたい」「やってみたい」という自分の未来)を年間プランニングに落とし込む作業をやってました。

でもね、まぁそうスルスルと出てくるもんではないんですよね。

直観を信じて委ねてしまうことも時には大切

ある程度まではスルスルと出てくるんですけど、出しつくしちゃうと手が止まってしまいます。

みんなそんなんじゃないかなー と思います。

で、ここで頭を抱えて「うーん」と唸り始めてしまうと、思考が優位になってきちゃうんですよね。

もちろん思考を使って創意工夫をすることも大切なことですけど、あまりに思考優位になっちゃうと、わたしの場合はコケます(笑)

アタマを使ったプランニングには、ワクワクが薄れちゃって、果ては機械的になり、そのうち数値だけを追っちゃうんです。

数値だけを追う苦しさは営業職で散々イヤな思いをしてるんで、もういらんです。

はっきり言って、全く楽しくない!(笑)

数値目標だって、そこにワクワクがあれば全然いいんですけど、機械的に出した数値にはそもそもワクワクがほとんどないので、楽しくないんですよね。

それがわかってるので、唸り出した時点で、一旦止めました。
捻り出すのを止めて、考えるのを止めました。

目的地は見えてるので、そのプロセスを無理やり、予め作っておくことを止めたわけです。

自分のめざす「やりたいこと」「こうなっているとワクワクすること」という目的地へ、どんな道を歩むのか、楽しむのもアリだと思うんです。

起きてくるプロセスはすべて正しいですから。

「こうなりたい!」とだけきちんと意識設定して、その時その時の直観を信じて行動して、そのプロセスを楽しんじゃう。
そういうプランニングもアリだと思ってます。

直観を信じるっていうことは、自分をとことん信頼してみる練習にもなると思うんですよね。

不安はあります。

こんなんで実現できるのか?

そんな声も聞こえてきます。

それでも、時には手放して、委ねてみる。

そんな実現の仕方もあると思っています。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。