新緑と花々や鳥たちを目あてに、上高地の春を満喫しに行ってきました!
お天気は高曇りでしたが、風もなく、暑くも寒くもない快適な日でした。
土曜日でしたが人も少なめで、静かな森歩きを楽しめました。

今回は大正池でバスを降りて歩きはじめました。

大正池からの焼岳
大正池からの焼岳

対岸のカラマツの新緑と、山肌を上ってゆく新緑のグラデーションが美しいですね。

途中、焼岳の登山口の森へ寄り道。

新緑
新緑

なんて美しい森。
夏の濃い緑の森とは全然違う雰囲気です。
季節がめぐり、芽吹いたばかりの緑に、木々たちの「いのちの循環」を力強く感じました。
森は生きているんですね。
大好きな場所です。

ニリンソウ
ニリンソウ

足元には登山道を縁取るようにニリンソウの群落が。
夏に歩いたときには全く気づきませんでした。

ひとつの茎から二輪の花を咲かすところから名前がついています。
つぼみはうすいピンクですが、開花した花は白。
かわいらしさに笑みがこぼれます。

梓川沿いをゆっくりと歩いて河童橋へ。
いつ見ても澄んだ梓川の美しさには心洗われます。

上高地 梓川
梓川

河童橋前の河童食堂でランチ。
ハイシーズンにはまず座れない特等席で岩魚甘露煮そばいただきました。

河童食堂で岩魚甘露煮そば
河童食堂で岩魚甘露煮そば

今度は小梨平へ。

小梨平
小梨平

夏になると川の中にはバイカモの花がいっぱい咲きます。
キャンプ場では、穂高と梓川を望む場所で読書している方も。
なんて優雅なんでしょ。

梓川
梓川

少しだけ明神方面へ歩くとサルの群れに会いました。
樹の上で食事したり、毛づくろいしたり。
子ザルたちはじゃれあって遊んでいました。

野生のサルたち
野生のサルたち

サルも鳥たちも、人間が近くにいてもまったく怖れません。
ここは彼らの生活の場なんですね。
おじゃましているのは私たちの方です。
そんな謙虚さも忘れずにいたいものです。

コナシの花
コナシの花
コナシの花
コナシの花

上高地はどこも、コナシの花が満開でした。
甘いほのかの香りがします。

今年は雪が少なかったため季節の進みが早いと聞いて、例年より早めに来てみましたが、驚いたのは、ケショウヤナギがすでに柳絮(りゅうじょ)を飛ばしていたこと。
柳絮(りゅうじょ)というのは綿毛のついたタネで、例年は梅雨頃に見ることができます。
綿毛がふわふわと風に乗って飛んでゆく様子は、まるで雪のようで壮観ですよ。

これから花々がどんどん開花していきます。
夏には見られない「花の上高地」はこの季節だけの楽しみです。
5月下旬から6月中旬の上高地散策、オススメです!

残雪の穂高連峰と河童橋
残雪の穂高連峰と河童橋

黄金色に染まる秋の上高地の記事はこちらから。

今回は、信州の魅力にすっかりとりこになり、移住してしまったフォトグラファー なむさん こと花村 貴史さんと同行しました。
同じ景色を歩いた なむさん がどんなふうに上高地を切り取ったか、写真が楽しみです。

フォトグラファー なむさん
初めての上高地に感動しっぱなしだった なむさん

なむさんには、大好きな上高地を背景に「プロフィール写真撮影」もプロとしてお願いしました。
どんな写真が撮れているか楽しみです。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。自然界と繋がって生きることは、生きる力の根源と繋がることだと思っています。
自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、「自然のままに生きる」とはどういうことかをライフデザインのテーマとしています。

今は、生かされていることに感謝しながら、自由に安らぎと穏やかさに満ちた日々を暮らすとはどういうことなのか、また、バランスの崩れた体を健康な状態に導くにはどうしたらいいのか、ヒーリングスキルを使って自分の体で実験中です。

このブログはわたしのライフスタイルを通して、体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録です。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。