「好きなこと」だけして生きていく。/心屋仁之助 著【読書録】「いい人」をやめて「やりたい」パワーを解き放て

「好きなこと」をしているのに楽しくない、ガマンしてるかも

心屋さんは「本当に好きなもの」には理由がない と言っています。

「本当に」好きなものに理由はありません。

理由はないけれど、やっぱり好き。

「やっぱり」がつくものが本当に好きなものです。

本当に好きなことならガマン=耐え忍ぶことはいりませんよね。

本当に好きなことならどんな状況でも楽しくないですか?

逆に「楽しいと思えない」、「苦しい」「辛い」「ガマンしてるかも」と思った時点で、それは「本当に好きなもの」ではないかもしれません。

私が本当に好きなものは「山」です。

山登りというと「苦しい」「辛い」というイメージがつきやすいですが、今の私はそう思うことはありません。部活でやってる時は苦しい時もありました。でもそれは部活のルールという他人軸でやっているので仕方ありません。部活を卒業してから自由に山を登るようになって、楽しくなかったことは1度もありません。

もちろんバテたことも、呼吸が苦しくてしんどいことも多々あります。土砂降りの雨ばかりで寒いし、冷たいし、気が滅入ることもあります。でも、精神的に「苦しい」「辛い」って感じたことはないんですよね。人の倍歩く時間がかかろうが、どんどん人に抜かされていこうが、どんなに体力的に辛かろうが、ヘロヘロになって登っていようが、ひとたび登ってしまえば楽しくって仕方ない。

きっと誰でも「やっぱり」がつく、理由のない「好き」ってあると思います。

「好きなこと」をして生きていくなら、「いい人」でなくていい、「いい人」をやめていい

心屋さんは、「好きなこと」をして生きていくなら、人に迷惑をかけて、嫌われる覚悟がいります とハッキリ書いています。

「嫌われる」覚悟。どっかで聞いたようなフレーズでもありますが(笑)

好きなことをして生きていくのは、ラクをして生きることではありません。

勇気を出して嫌なこと、怖いことを引き受けて生きていくことです。

今回改めて本書を読んで、そうだよな。と思ったのはここです。

「好きなこと」をやる時には周りに迷惑もかけるし、お金もなくすかもしれない。でも、それでもやりたいんですよ。

私が本当に好きなこと=山登りのためには、夏休みのない職場で1週間連休とってました。ハイ。何言われても「山行くんで」と言って(笑)

理解がある職場だったとは思いますが、それでもベストシーズンの山に満喫するために、何があっても連休はとってましたね。それがいつの間にか当たり前になって、周りが自然と休みをずらしてくれたりもしてました。もちろん、山に行かないならお盆も勤務しましたよ。でも山に行けるなら何を言われてもいいと思っていました。それくらい「好き」なんですよね。

いつの間にかその感覚を忘れていましたが、本書を読んで思い出しました。

「好きな」山のためなら、「いい人」でなくていいってことを。

もっと言えば、他の「好きなこと」のためにも「いい人」でなくていいってことです。つまり、「いい人」そのものをやめちゃっていいんだよ! ってことですね。

好きなことをやり通したいので、自由に生きます

好きなことをやるには「好きなことやります」と宣言してしまうのが一番ラクです。

私も宣言します。

「好きなこと」を抑え込まず、コントロールせず、迷惑かけまくって、やりたいパワーを解き放ちます!

「好きなこと」やりたいパワーを解放したくなったら、この本を読んでみてくださいね。自由になれますよ。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です