未来を動かす時間術/久瑠あさ美 著【読書録】 マインドを変えれば未来が動かせるようになる

未来を動かす時間術

自分のマインド、捉え方次第で時間は伸び縮みする

同じ1時間なのに、楽しい時間はあっという間に過ぎてゆくのに、辛い時間はとっても長く感じる。

こんな経験は誰にでもありますよね。

これはその時々によって「時間」をどう感じているかの違いにあるみたいです。

著者の久瑠あさ美さんは、この伸び縮みする時間を「心の時間」として、自分自身が創り出すものだとしています。

1日を24時間とする「時計の時間」とは別物としています。

そして、この「心の時間」を管理すれば、過ごした時間がどんな時間だったかが変わってくると言います。

管理するとは、その時間が「どんな時間であったか」という感じ方、捉え方を自分でコントロールする。どんな時間も「楽しかった」「面白かった」という感じ方ができれば、辛い時間というのはなくなるというのです。

わたしの時間がどういった時間だったかは、わたしの心の持ち方(マインド)次第ということですね。

さらに久瑠さんは、「前のめりマインド」なれば、未来が動かせるといいます。

時間軸だけを未来へシフトさせることで、「よしやってみよう」と前のめりで行動できるようになるとか。

時間軸だけを未来へ?

どういう感覚なんでしょうか。

「72時間のメソッド」で時間を伸び縮みさせる感覚、時間軸だけを未来にする感覚を身につける

72時間とは3日先のことですね。

1日=24時間の枠を外し、3日先=72時間 という枠に広げて、「いま」をすごす。

著者の久瑠あさ美さんはこれを「72時間のメソッド」と名づけ、実践することで時間を伸び縮みさせることができるという感覚が身につくトレーニング方法としてすすめています。

いうなれば72時間のメソッドは、三輪車から自転車に乗り換えていくときのトレーニングと同じ。体でその感覚を覚えてゆく方法なんだそうです。

時間を動かせるという感覚を体で掴む。

トレーニングを積み重ねて、「72時間ならできる」という体験を積むと、未来を先回りしてキャッチする感覚が身につく。

そう、時間軸だけ未来にすることができるようになる。

すると、3日先、1ヵ月先、1年先、10年先の未来を動かすことができるようになっていく。

1日=24時間という枠を、3日先=72時間に変えるだけで、自分の未来が変わってゆくなら試してみない手はないですよね。

そんなに難しいことではないですし、自転車の練習をしたあの日々を思い出しながらやってみればいいので、誰でもできそうです。

私も明日のプランニングから、早速「72時間のメソッド」を取り入れてみたいと思います。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です