ただ夢見るだけでは、その夢や願いをはかないにくくなる

ポジティブ思考って、夢をかなえたいと思った時にはそう考えた方がいい という思い込みがある。

そう。それは本当に思い込みだったみたい。

本書の著者・ガブリエル・エッティンゲンさんはニューヨーク大学、ハンブルグ大学の心理学教授。
ガブリエルさんは20年におよぶモチベーションについての研究から、

夢見る人はなかなか行動する人にならない。将来についてただ夢見るだけでは、その夢や願いをはかないにくくなることが確認されている

と書いています。
本書にはそのさまざな研究の結果が詰まっています。

一番衝撃だったのは次の一文。

20年にわたる研究でさまざな被験者、状況、そして手法で再現された結果をふまえると、「思考は現実になる」「願えば目標は達成できる」というポジティブな空想にふけり、それこそが成功への道だと思えというのは、まちがったアドバイスである。

ぶっ飛びました(笑)

もうその後も面白くて、レゾナンス・リーディングで読んでいたのに、気がついたら夢中になってページをめくっていました。

夢だけでなく、夢を妨げる壁や障害も想定しておく

著者のガブリエルさんは、ポジティブな空想は頭の中で心地よくなって、現実世界を切り抜けるためのエネルギーを吸い取ってしまう。だから行動しなくなる という研究結果を得ています。
代わりに、メンタル・コントラスティングという方法で、夢だけでなく、夢を妨げる壁や邪魔ものも思い描くといい とすすめています。

メンタル・コントラスティングを行うと、行動を起こすエネルギーを得られ、さらに、障害が生じたらどうするかをはっきりさせておくと、さらにエネルギーが湧く 実証を得ているのです。
本書の後半では、このメンタル・コントラスティングと、どうやって願いを達成するかについてはっきり決めておくこと(実行意図)を統合した方法として、WOOPという方法を紹介しています。

エクササイズもあるので、簡単に実行できます。
スマホアプリもあるようなので、興味がある方はぜひ試してみてください。(全文英語でした)

WOOP – a scientific strategy to find and fulfill wishes

WOOPは夢を実現するのに障害となるものを浮かび上がらせ、克服することができる方法で、かなえたいすべてのことに応用可能です。
自分の持てるものすべてを活かして、実現可能な心からの願いに取り組むことができるようになるよ。
そうガブリエルさんは語りかけているようでした。
もう一度、今度は通読してみたいと思う1冊でした。

【2016.01.10 追記】

この記事を読んで本書を購入した よっしーさん が、アプリの使い方を記事にしてくださいました。
願いを叶えるための行動ができちゃうアプリを使ってみた

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。