長野県・上高地 カラマツの黄葉で黄金色に彩られる秋の森を歩く

秋の上高地

上高地の黄葉が大好きです。
毎年10月中旬を過ぎるとソワソワ。秋の好天が何日も続くとソワソワはMAX!

新緑と黄葉 私が好きな上高地

上高地といえば、夏のイメージの方が強いかもしれませんが、私が好きな上高地は新緑と黄葉の時期です。

新緑の季節は残雪の穂高に芽吹いたばかりの新緑が眩しい5月下旬から6月上旬が好きです。この季節は野鳥の観察もしやすいですし、雪解けしたところから花が咲き、雨でも散策を楽しめます。

秋の上高地はたくさんの木々が紅葉しますが、最も美しいのはカラマツの黄葉です。あえて「紅葉」でなく「黄葉」と書いたのはこのカラマツの黄葉が大好きだからです。

カラマツは針葉樹だけど落葉する、日本では唯一の落葉針葉樹で、固有種でもあります。春には新芽が吹き、カラマツの新緑も上高地の彩りのひとつにもなっています。

森が黄金色に染まり上高地が輝く時がオススメ

上高地では広葉樹の紅葉が終わり落葉する頃、カラマツの黄葉が始まります。さらにその葉が散る頃、カラマツの森は降り注ぐ落ち葉で黄金色に染まります。この落ち葉降り注ぐ時期の夕方、黄金色の森は夕陽に照らされて、光り輝きます。この時間帯のためだけに、秋の上高地に行きたくなるのです。

夕陽に照らされるカラマツ

カラマツが落葉する頃、穂高の峰々には根雪となる雪が降り、上高地は一気に冬支度へと向かっていきます。雪に閉ざされ本来の静けさを取り戻す直前、森は最高に輝きます。

機会があれば、ぜひ秋の上高地を訪れて、「森の輝き」を体感してみてくださいね。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です