自分が感じる心地良さ、山歩きスタイルをブログタイトルにしました 『風の森遊 -かぜのもりあそび-』

桜

「ブログタイトル変えましょう」ものくろ師匠の言葉がきっかけでブログへの想いを考える日々がはじまる

8月のものくろ師匠のレッスン中、突然「ベルさん、ブログタイトル変えましょう」とふられて軽く引きました。(^_^;)

「え。変えなきゃいかんですか。。」 うー。モヤモヤするぅ(笑)

でも、ものくろ師匠の発言には意図があるはず。モヤモヤしながらもそう感じて、その日からそのモヤモヤを深めていく日々が始まります。

前のブログタイトルには、それなりの想いを込めていたので、「変えたくない」という気持ちと、「ぼちぼち変え時なんだよな」という想いが交錯して、なかなか言葉が出てきません。

出てきた言葉はすべて書き留めておいて、何度も見返したり、ふっと下りてきた言葉を深めてみたりもしましたが、どれもしっくりきません。正直かなり苦しかった。

そこまでしてタイトルを変える必要はあるのか? そんな想いもよぎりました。

でも、変えることによって見えてくるものもあるはず。ものくろ師匠はそれがわかっているから私にそう振ったんだ。

えいやっ!

変えるって決めた!

「タイトル変えるので相談にのってください!」そうものくろ師匠に伝えることができたのは2か月経った後でした。

「森」の心地良さと「風」になったような感覚が好き。でもそれだけではタイトルには繋がっていかない。

タイトルを考える作業は自分を深めてゆく作業でもありました。

なんのためにブログを書くのか。何を綴りたいのか。

いくつか思いついたタイトルを見返してみたら、「森」「風」「心地」「山歩(さんぽ)」そんな言葉ばっかりが出てきていました。

風の森遊

何度も何度も繰り返すうちに、森で感じる心地良さ、山の稜線で風になったような心地になることが好き、そんなことを綴っていきたいんだなぁと気づきます。イメージだけはアタマの中にあるけれど、文字にしたことでそれが自分の書きたいことなのかと改めて自覚することができました。

でもこの時点では出てきた言葉たちにイマイチしっくりきてません。

うーん。スッキリしない。何かが足りない?

「遊」という文字を見た途端モヤモヤが晴れた!

新しいタイトルを相談しながら、ものくろ師匠といろんなことを話しました。直接タイトルに関係ない話もしながら結構のたうち回ります。モヤモヤMAX! く、苦しい。 自分の中から言葉が出てこない。でも、ものくろ師匠はどんなことを言っても否定せず受け容れてくれる安心感があるし、何よりも信頼しているので、包み隠さず全部そのままぶっちゃけました。(^^ゞ

「これは一案だからね。」と念押しされて見せてもらったタイトルに心がぐわっと動きました。

『森の風遊』

これいい! すごくいい! 直感で響きました。自分ではまったく思いつかなかった文字 「遊」。めちゃめちゃしっくりくる。まさにコレ!といった感じ。

あくせく頂上をめざすだけが山歩きじゃない。花を愛で、鳥たちの声に耳を傾け、森や風を感じながらのんびり歩く。時には大空を流れゆく雲をぼんやり眺めるだけの時間を過ごす。そんな山歩きこそ私のスタイル。それが「遊」の一文字にはある。

焼岳

自分の感覚としては「風遊」より「森遊」の方がしっくりくるので、入れ替えることにしました。

風の森遊 -かぜのもりあそび-

見ているうちにじわじわきて涙出てきちゃいました。

相談しているうちにたくさんの言葉の贈り物も受け取りました。ものくろ師匠、ありがとうございました!

タイトルを変えたことでどんなブログになってゆくのか楽しみ♪

タイトルを変えたことで、より身近に、我が子のように可愛がってゆきたい と思うようになりました。どんな“子”になってゆくのか、これから一緒に歩んでいくのがとても楽しみです (^ ^)

お読みいただく方にもその歩みを楽しんでいただけると嬉しいです。

ブログタイトルの変更にあわせてトップのスライダー画像も変えました。

また、Facebookページのタイトル、URL、カバー写真も変更したのでこれを機会に「いいね!」していただけると励みになります!

風の森遊 – かぜのもりあそび –

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です