ブログを書いていると手が止まる… なぜ? なんとかしたい! Skypeで ものくろ個人レッスン を受けたよ

伝えるたいことを伝えるんだ という完璧さを求めていた

完璧を目指さなくても良い。

頭ではわかっていても、きっとここでひっかかっているんだろうな とはなんとなく感じていました。

ものくろさんと話しているうちに、「伝えたいことを『伝えたい』から書いている」という言葉が出てきました。

果たして今までの記事で、私の想いは伝わっているのか?

それは、私にはわかりません。

私は読み手ではないからです。

正直に言えば、『伝わっていないだろうな』と感じています。

では、伝わっているかどうかは、誰の課題か? アドラー的に考えてみたら…

明らかに『他人の課題』

そう、伝わっているかどうかは『私の課題』ではなかったんです。

だから、そこに完璧さを求めていた私は『他人の課題』に踏み込んでいたんですね。

これに気づけただけでも、今日のレッスンは大収穫でした。

書く気になれないから書けない ではなく、書く気になっていないから書けない

書く気になれない。

最近はそんなことを感じていました。

が、これもきっと違うと気づきました。

書きたい気分になるまで待っていては、その気になるまで書けないんですよ。

書きたくなる時を待っていては、その時が来るまで書けないわけです。

ならば、「書く」という状況を強制的に作れば書けるのでは? と考えました。

短時間で書けるという成功体験がない

今まで記事本文を書くには相当時間を費やしています。

具体的に言えば、2〜3時間

たすくまで実績時間を残しているので、だいたいどの記事も「それだけ時間がかかる」というのは目に見えていました。

客観的に考えれば1記事にそんな時間をかけていたら、書くこと自体が負担ですよね。

ものくろさんにも、そんなに時間をかけていては書けなくなる。とハッキリ指摘されました。

『せめて1時間程度で公開をしましょう。

そのために、1時間で公開できる体験を積んでください。』

別のものくろレッスンで2回ほど、1時間で記事を公開する体験したことがありますが、もちろんできていませんでした。

思わず『え!(⊙⊙)!!』と言いながらも、やっぱりそこかー という気持ちです。(;^_^A

今日からタイマーをセットして毎日投稿にチャレンジします

というわけで、

伝えたいことに完璧さを求めず、

毎日記事を書くという課題を背負い、

タイマーを1時間にセットして、

書いてみました。

結果は…68分で公開!

やればできそうですね (^^♪

やっぱり頼りになります!ものくろ先生!

ものくろキャンプ | 学びで笑顔を作るコミュニティー -あなたの夢の応援団-

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です