ここからは怒涛の後半戦スタートです!
前半戦はこちらへ。
13曲目『Busy²』
「BOLERO! Be HAPPY LIVE」DVDを見て、めっちゃカッコよかったんで
ライブ聞きたかった曲の1つでした。
イントロを弾き始めたにもかかわらず
『そろそろお尻痛くなってきましたよね~』
『のび しましょう!』
ってギターから手を離して全員でのび~
なんなんだこのリラックスしきった空気わ。
完全にコーちゃんペースです。(笑)
さて、気合を入れて再開した『Busy²』
もちろんここからはSTANDING!{%グーwebry%}
カッコいい~!
曲が終わって思わず叫んでしまいました。
これ弾いてる時のコーちゃんカッコ良すぎです{%ハート(ポヨンチカチカ)hdeco%}
14曲目『Rushin’』
最近聴く機会の多いこの曲。
コーちゃんのお気に入りとみた。
かなりテンポ早め。
みんなノリノリです。
15曲目『翼~you are theHERO~』
走る!走る!
そして「パ~ン」
両サイドから銀色のテープが放たれました。{%クラッカーwebry%}{%クラッカーwebry%}
わぉ!
粋なサプライズです{%顔文字ファイトhdeco%}
残念ながら直接は飛んできませんでしたが
目の前の中央通路でスタッフの方が掻き集めてて、
取りに来た人達に渡してるじゃないですか。
処分するくらいなら欲しい!
しっかりいただきに行ってまいりました{%チョキwebry%}
16曲目『Big Blue Ocean』
きた!大波!!
息子の一番お気に入りの曲
今日はコレやりにきたんんだもんね!
大ハリキリでWAVEやってました。
息子の期待に応えてくれてありがとう。コーちゃん。
17曲目『HARD RAIN』
大波の次はどしゃ降りでんがな!
このあたりは定番中の定番ながら、
やっぱり聴かないと落ち着かないし盛り上がらないよね!
『早いもので最後の曲です!』
って誰も最後だなんて思ってないって!(笑)
ここまでのせといてそれは許さないゾ!
この曲が終わった瞬間が一番歓声がすごかった{%拍手webry%}{%拍手webry%}{%拍手webry%}{%拍手webry%}{%拍手webry%}
これよこれこれ!
京都もそうだったけど、爆発した瞬間のような大歓声!
ライブはこうじゃなきゃ!
うんうん。
やっぱ地元は違う。
いったん下手へコーちゃんが下がり照明が落ちるも、場内の拍手は衰えず。
さすがこの日を目指して集まってみなさま。
舞台を見ながら拍手する人はおらず、みんなキョロキョロ
2Fからだよな~
今頃コーちゃん走ってるかな~
それにしてもちょっと長すぎ?!
ん?
薄暗い舞台の上に人影が・・・
わぉ~!
高鳴る拍手{%拍手webry%}{%拍手webry%}{%拍手webry%}で会場のみんなも気づき始める。
やられた。
フツーに舞台の上にコーちゃんは立っていました。(爆)
照明が明るくなるとコーちゃん思わずにんまり。
こっちだよ~ん と言わんばっかでした。
ギターを手にするとおもむろに
『ギギギギギィ~~~』
ん?
鬼太郎はさっきやったぞ。
てゆーことは?!
18曲目『ウルトラQ』
まさかここで聴けるとは!!
原曲を知らずに「ぽか~ん」としてらっしゃる方もみえましたが、
ウルトラマン大好き父子は狂喜乱舞。←傍から見たらただのアホ
DVD「ドラマティック☆ライブ」で見てはいたもののやっぱ生は違うわ。
家族3人大盛り上がり!
19曲目『ウルトラマン』
思わずコーちゃんにむかってスペシウム光線を発射する父子。
アホや~ん
コーちゃんしっかり見とったで。
噴出しそうだったでしょ!
心得たみなさまは手拍子もバッチグー{%グットハートhdeco%}
ちゃ~んと『んちゃちゃ んちゃ』のリズム{%音符webry%}
コーちゃんも思わず感心してました{%チョキwebry%}
ここまできたら当然でしょ!
20曲目『ウルトラセブン』
みんなフツーに『セブン~セブン~セブン~』ってハモってたのはさすが!
6割方OKだっだよね。
しか~し
歌唱指導に入るコーちゃん。
どうしても会場を3分割してハモらせたいらしい。
しかし、はたと気づく。
1パート足らん。
「セブン~ セブン~ セブン~ セブン~」やもん足りんわなぁ。
『最後はオレが歌うわ(^_^;)』
『まずこっちは(上手側)セブン~な』
『え?違う?!』
ギターで音をチェックする師匠。
『えーやろこれで』
(会場から)『ちが~う』『たか~い』
これが何回か繰り返される。
何やってんの!
『え?え?ちゃう??』{%悩み(チカチカ)hdeco%}
頭を抱かえてちょっとパニック?(笑)
『え?オクターブ高い?』
『そっか!』
って会場からダメ出しされてるの初めて見たわ!(爆)
なんやこのアットホームな雰囲気は!
アンコール中とは思えん和み方やった。
『こんだけ一生懸命やっとるけど、歌うのはみんなやで』
『しっとるわ~』
(爆)
げ!
コーちゃんにつっこみ入れてどうする?!息子!!
しかも、思いっきり名古屋弁。。。{%汗(チカチカ)hdeco%}
ここは天下の大阪やで・・・
『そんな言わんといてぇ・・・』
凹むコーちゃん
おかげで変な汗かいたぞ!
でも思いっきり笑わせてもらった!
でかした!息子!!
さ、気を取り直して『ウルトラセブン』仕切り直しです。
私的にはコーちゃんが弾くこの曲のイントロ大好きです。
無事(?)、
『セブン~ セブン~ セブン~ セブン~ セブンセブンセブン ぱお~』の
ハモりも成功し、『ウルトラセブン』を弾き終えると、
えええ~~~っ!!
コーちゃんはにっこり笑いながら下手へ帰ってゆきました。
ちょっとちょっと~{%顔モジヒヤッ(シェイク)hdeco%}
まさかこれでアンコール終わりかい!!
いや、ダンコロまだだし、あの曲もない。
気を取り直して拍手で再登場を強要!!{%顔文字ファイトhdeco%}
わー!!
コーちゃんやはり2F席へ姿を見せたようです。
残念ながら2F席の下だったので音だけ聴いておりました。
21曲目『Dancin’コオロギ』
もうコレなしのライブはあり得ないですね。
てゆーかコレ聴きたさにライブ行ってるかも(笑)
2Fを一巡り(たぶん)した後、1F右(上手側)後方の扉から再登場!
すぐ下の中央通路を横切り、左(下手)側から舞台へと戻りました。
今日はちょっと練り歩きが少なかったです。
時間おしてたのかな。。。
舞台に戻って1人メンバー紹介です。
on ベース
on エレキギター
on クラシックギター
  :「Nature Spirit ツアー」で初めてお目にかかりましたが
   何度見ても大ウケ!
   コーちゃんギター弾けなくなってもきっと食べていけるよ・・・(爆)
   でも聴かせてくれる映画『禁じられた遊び』のテーマ曲。
   これも一度ライブで聴いたみたかった曲のひとつ。
   今回はフェスだけに、まともに弾いてほしかったな。。。
on 津軽三味線
  :ん~。いつものような意気込みがちょっと感じられなかった?
   いつもはピリッと三味線の音に聞こえるけど今日はちょっと違った。
   ちょいとたるかったです。
on フォークギター
  :これもツアーで見て大ウケしたEmアルペジオネタ。
   ツアー中は目の前で見れたこと思い出しました。
   そしてこれも定番ですね。(て、他に持ち歌はないんかい!)
   アリス『チャンピオン』
   1コーラス、フルに歌ってくれました。
   いつ聴いても思う。
   コーちゃん歌うまい!!
on 鼓笛隊
  :これもツアーで見て感動しました!
   すごい!ほんとに小太鼓の音なんだもん・・・
on ドラムス
  :毎回これもすごいと思う。
   ギターってパーカッションだったんだって・・・(爆)
いやもう、これでもか!ってカンジでした。
いやいやまだまだいけますよ!!
21曲目『Brilliant Road』
この曲のコール&レスポンスも定番となりました。
コーちゃんの楽しそうな顔がたまりません。
会場との一体感がいいんでしょうね。
基本、歌がないだけに、こういうノリは貴重ですよね。
『座ろうか』
『また来年も再来年もここでできたらええんやけど・・・』
『もう来年はないねん。』
ものすごく寂しそうに語るコーちゃん。
『でも5年後かな。新しいフェスができたら、
またここでやりたいと思います。』
うんうん。
また来るで。
5年後ここで再会しよう!!
22曲目『あの夏の白い雲』
あ~もう終わりかぁ。
この曲をラストにもってくると確信しておりました。
背景に映し出された青空と白い夏雲。
過ぎ行く夏がホントよく表現されている名曲だと思います。
あ~今年の夏は山に行けなかったけどライブ三昧だったな~
来年こそ稜線でこの曲聴きながら昼寝してやる!
ありがとう!夏!!
そんな思いでこの曲を聴いておりました。
あたたかい拍手の中コーちゃんは深々と一礼し、
そしてゆっくりと下手へ消えてゆきました・・・
しか~し!
まだ帰さない~~~
京都ファイナルの時も引っ張り出してしまったし~
いまどきトリプル・アンコールは当然でしょ!
今日もまだ帰さない~{%ファイト(チカチカ)hdeco%}
みなさんも心得てか拍手の手は止まず、一段と大きくなる一方
出て来い~出て来い~
呪文のように唱えていると・・・
コーちゃん再々々登場!{%クラッカーwebry%}
おー!めずらしー ツアーTシャツ着てんじゃん!(ツアーじゃなかった・・・汗)
みなさまも大喜び{%顔文字喜びhdeco%}
さーて何やってくれるのかな??
ちょっと照れくさそうな顔で出てきたコーちゃんに
(会場から)『朝までやろう!』
『ほんまやなぁ。やりたいなぁ。』
泣きそうなコーちゃん。
めっちゃ名残惜しそう。
(会場から)『泣いてもええで!』
(笑)
『いつも電気に頼ってるんやけど』
うんうん。
ん?
ギターにケーブルがついてない!
何をする気だ!コータロー!!
『電気に頼らず何もなしで、ギターの音だけで弾いてみたいと思います』
おぉ~!どよめく会場。
『小さい音やけど、ホント小さいんで聴こえないかもしれないけど、
2階の後ろまで聴こえるように頑張って弾きますんで。』
『照明はつけときます。見えんと思うんで』
っと舞台の段差に腰掛けるコーちゃん。
『ファーストアルバムの中から『黄昏』やります』
『聴いてください』
この瞬間。
会場がぴーんと張りつめた空気に変わりました。
23曲目『黄昏』
固唾をのんで見守るとは正にこのこと。
コータローを含めて会場にいた人すべてが『黄昏』の音に聴き入ってました。
いつかは本当の”生音”を聴いてみたいと願っていたけれど
まさか今日ここで実現するとは思いもしませんでした。
確かに小さい音ではあったけれど、一音も聞き漏らさないよう全神経を注いで、
その音と光景をしっかりと心に刻みながら・・・
フェスだからこそ、こんな大きな会場だけど実現できた”生演奏”
今日この場所にいれたことが一番嬉しい。
ありがとう。
すべての曲を弾き終わって、コーちゃんはいつものように”自分の声”で言ってくれた
『ありがとう~』
コーちゃんの思いは全部届いてたよ。
しっかりと受け止めたからね。
『黄昏』の最後の一音までその素晴らしい音と、愛に包まれてホント素晴らしいライブだった。
感謝の気持ちを込めて叫び返しました。
『ありがとう!!』
「大阪」、「フェスティバルホール」という場所で、
コーちゃんの”夢”の実現に立ち会えたこと、
忘れません。
『ずっとずっと大切にしておきたい。』
そんな優しい思いがずっと残ってます。
ほんま、ありがとう。
5年後、ここでまた、会いましょう。
必ずだよ。

画像

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。