クライアント役で苦しかった後の夕焼けが美しすぎた日 – 20170912

今日はLPLの自主トレーニング日でした。

LPLでは、受講生同士でカウンセラー役、クライアント役になってのトレーニングが修了条件になっています。

今開催されている11期の最終講まであと2カ月。

ぼちぼち自主トレの数が気になってくる頃です。

再受講していると、ついカウンセラー役ばかりが増えていくので、今日はクライアント役をお願いしました。

今日のセッションでは、今までに体験したことのないメソッドを使ってのセッションで、半分ワクワク、半分は非常に苦しみました。

なんでって、思い込んでいることに関して、徹底的にメリットとデメリットを出していくんですが、これが苦しいのなんの。

何もかも「いい」方へ捉えがちなわたしにとって、デメリットをトコトン出すのが苦痛で、苦痛で。相当苦しみました(笑)

でも、おかげさまで思い込んでいることの逆側にも気づけたので、無事着地。

気がつけば2:50のセッションで、疲れましたー!

夕方、帰り道の夕焼け空が非常に美しいかった。

久しぶりに日没を狙いに行きましたよ。

今日のOSHO

[PAST LIVES]過去生

今日の自主トレで気づくことは何でしょう? と問うたところ、出てきたのがこれ。

自己探求って、結局、生まれ背負ってきた今生の課題を思い出し、解決するためにやってるようなものですよね。(ちょっとスピリチュアルな話ですが)

今日のセッションで気づくことは、延々と世代を越えて、繰り返している課題なのかもしれません。

今日の1枚

今日に限って雨降りだからと、ミラーレス一眼を家に置いてきてしまった。。

仕方ないのでiPhoneでのRAW撮影で頑張りました。

木曽川河畔に立つ、国宝・犬山城。

よく見ると鯱が片方ないのがわかります。

今年の夏、落雷で破損してしまったんですよね。

ある意味、貴重な写真になりました。

彩雲も美しく出ていたけれど、移動中で間に合わず。

日没後も非常に美しく雲が染まっていき、こんなに美しい夕焼け空を見たのは久しぶりでした。

時間制限がなければずっと構えていたかったぐらい素晴らしい夕焼けでした。

今読んでいる本

今日の輝き

セッションの後は仲間と仕事のやり方についてもちょっと話ができて嬉しかったのです。

軽いコンサルみたいで。

いまのわたしに欠けてるとすれば、仕事のやり方を真剣に考えてないんだよな。

天任せというか(笑)

まぁ、でもね、LPLを受講している間はそんなこと真剣に考えてる余裕もあまりないというか、気づきがどんどん起きてくるから、考えもどんどん変わっていっちゃうんですよね。

だから、終わったら… みたいな感じになってしまう。

ま、それでいいのかな と。

すべて必要なことは起こってくるし、天に委ねて生きると決めたので、仕事しなきゃと必死になるよりも、今はこのペースなんだな と。

それより、時間を好きなように使える“今”を大切にしていきたいな。

今やってることは好きなことばかり。

“好きなことをやっている”という感覚を育てる時期なのかもね。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です