今日はドキリ!とするほど美しい夕焼けでした。

雲ひとつなく、だからといって風が強いわけでもなく。

穏やかに、空を茜色に染めながら、ゆっくり暮れてゆきました。

こんなひとときを、ただただ眺めているだけ。

そんな過ごし方が好きです。

今日も1日ありがとう。

茜空にそんな想いを届けてみる。

他に何も考えず、ただただ、暮れゆく空を眺める。

キレイだなぁ。

心が落ち着いてゆくひとときです。

「夕焼け」は夏の季語

12月になりました。

今年は例年より暖かいので、あんまり12月という気はしないのですが、気象用語では12月からは「冬」になります。

今日の夕焼けがあまりにキレイだったので、気になって調べてみたら、単に「夕焼け」は夏の季語だそうです。

でも季節を表す言葉を繋ぐと1年中使えるそう。

冬のなら「冬夕焼」「冬茜」、「寒夕焼」「寒茜」なんて季語もあるそうです。「寒」がつくと、雪景色のような寒々とした感じがしますね。

でも、目を閉じる閉じるその美しさが想像できます。

2015年 師走

毎年、12月、師走というと、誕生日とクリスマス、年賀状と忘年会…(大掃除はしない(笑))と、気がついてると終わってるくらい慌ただしい月なのですが、今年はちょっと落ち着いて過ごせたらなぁ と思います。

「もう」12月

「やっと」12月

今年も「あと」ひと月

今年も「まだ」ひと月ある

どう受け取るかは自分次第。

地に足をドッカリついて、踏みしめながら2015年を終わりたいですね。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。