前回記事を書いてから約半月。

怒濤のような忙しさの波に揉まれて、ブログの“ブ’の字もどこへやら〜

B塾である程度習慣化できたのに、また振り出しに戻っちゃいましたね(笑)

でも、ただの“戻る”ではない気がしています。

どんなに忙しくてもブログのことはちゃんと頭の片隅にあったし、「書きたい」気持ちは切れてない。

ただ、書く時間を確保できなかっただけ。

いや、ブログへの優先順位を下げて、「書かない」ことを選択していたと言った方が正しい。

ならば、時間的余裕ができたから、優先順位を上げるだけのこと。

ここに「書けなかったこと」「できなかったこと」への責める気持ち、自己否定がなくなっただけでも大きい。

淡々と、「また書けばいいじゃん」と思える。

こういう心持ちになれると、心を整えてきてよかったと思える。

さあ。
また書くぞ!

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。