わたしがシャッターを切りたい!と思う瞬間、そこには光の美しさがある。

でも、同時に影の美しさにも強く惹かれる。

ただ明暗のコントラストが強く存在するだけではない。

どちらかというと、光によって生まれた影、光によって透けて見えるものにものすごくすごく惹かれる。

光がなければ、影はできない。

光があるから、影ができる。

光と影は同時に存在するもの。

どちらかだけではこの世界に存在できない。

光が影を生んでいる。

光によって、生まれた影の部分。

光によって、透けて見えるもの。

光があたり、影ができ、そこに浮かび上がるもの。

そこになんとも言えない、美しさを感じるのだ。

被写体が持つ“いのちの美しさ”

光と影によって浮かび上がるものに、惹かれて、シャッターを切る。

これは、わたしがカウンセリングで、人の心の中に見ているものでもある。

影、自分のネガティブな部分に意識がいっている人

光、自分のネガティブな部分を見ている人

人の中の影(闇)と光。

ポジティブとネガティブ。

その片方だけしかない ということはない。

必ずどちらも同時存在する。

その意識で人を見ている。

光が当たり、影となってしまった部分。

その光が強すぎて、影(闇)しか見えなくなっている人もいる。

自分の闇を見たくなくて、光ばかり見ている人もいる。

光と影は同時に存在するもの。

その狭間に浮かび上がるもの。

その繊細な部分にこそ、その人の“いのちの美しさ”を感じる。

わたしは、それを、自然の中にも、人のなかにも、追い求めていくんだろうなと思う。

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。