海から昇る御来光 太陽から伸びてくる光の道をただただ見つめる

今日の1枚。
選んだのはこの写真。

山からの御来光はよく見るけど、海から見るのは珍しいんだ。

だから、見れる!とわかったら実行するのみ。

日の出前にドンデン山に上がり、太陽を待つ。

雲をピンクに染め、遠くの山々を赤く照らしながら、光が下りてくるのを眺めて待つ。

やがて、空と海の間の一番明るいところから、真っ赤な太陽が顔を出す。

太陽が昇ってくるのをただただ見ているだけの時間。

そして、太陽が昇ってくるにつれ、海に一筋の光の道が伸びてくる。

これが海から昇る御来光の醍醐味だ。

真っ直ぐに自分に向かって伸びてくる光の道。

太陽と自分が繋がれる。

神々しさ感じる瞬間に、自分のいのちが与えられたものなんだとあらためて思う。

どんないのちも輝いていいんだよね。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です