今日の1枚。
選んだのはこの写真。

山からの御来光はよく見るけど、海から見るのは珍しいんだ。

だから、見れる!とわかったら実行するのみ。

日の出前にドンデン山に上がり、太陽を待つ。

雲をピンクに染め、遠くの山々を赤く照らしながら、光が下りてくるのを眺めて待つ。

やがて、空と海の間の一番明るいところから、真っ赤な太陽が顔を出す。

太陽が昇ってくるのをただただ見ているだけの時間。

そして、太陽が昇ってくるにつれ、海に一筋の光の道が伸びてくる。

これが海から昇る御来光の醍醐味だ。

真っ直ぐに自分に向かって伸びてくる光の道。

太陽と自分が繋がれる。

神々しさ感じる瞬間に、自分のいのちが与えられたものなんだとあらためて思う。

どんないのちも輝いていいんだよね。

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。