残雪豊かな池と周りを彩る花にその瞬間のいのちの輝きを思う

今日の1枚。
選んだのはこの写真。

昨日歩いた稜線の景色。

残雪豊かなドンデン池と周りを彩るアマナの花。

山に咲く花々は雪が溶けたところから咲いてゆく。

雪解けの頃はお花畑があちこちにできるのだ。

逆にお花が咲き乱れているところを見つけると、雪が溶けたばかりなのだな とわかる。

とはいっても、花の時期は短い。

短い期間に、わっ!と花を咲かせ、やがて青々とした緑へと景色は変わってゆく。

その短い花の盛りに巡り会えた幸運をありがたく思う。

山を歩き、花々に出会えるといつもそう感じる。

その時、そこにしかない、いのちの輝き。

それを求めて、あちこち出歩くんだろうな。

どんないのちも輝いているよね。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です