連休中に通り抜けていった台風の後、はじめて森に行きました。

そしたらね。

さすがにセミの声が少なくなっていて、あぁもう夏も終わりなんだなぁと。

ツクツクボウシ、ミンミンゼミ、ヒグラシ。

昼間でも、虫の声の方が大きく聞こえるようになってました。

森の道路では、強風に煽られ、ちぎれた葉っぱが粉々になり、緑のパウダーとなって積もっていました。

そして、木々を仰ぎ見てみると、赤や黄色の葉っぱがあちこちに。

緑の葉っぱたちの陰で、色づきはじめてたんですね。

もう、そんな季節かぁ。。

お山の稜線でも草紅葉がかなり進んでいるようで、本格的な紅葉のシーズンまであと少し。

気がついたら、9月も下旬ですね。

今日のOSHO

今、この瞬間を味わいつくそう。

それが永遠ではないことを理解しながら。

だからこそ、今ここの喜びを感じ尽くすのだ。

今日の1枚

今日整理していた2014年12月の写真から。

大晦日に志賀高原で撮影したもの。
一番好きなスキー場だ。

やっぱりこの真っ白な世界に惹かれるのよね。

先シーズンは義父が他界した直後だったこともあって1回も滑りに行けなかった。
義父もスキーが大好きで、他界する前年まで現役スキーヤーだったなぁ。
ホントにたくさん、一緒に滑りに行ったよ。

こうやって白一面の世界や、スキーの画像を見ると無性に行きたくなる。

やってる年数だけは長くなったものだなぁ。

はじめた時が遅かっただけに、夢中でレッスンに通った。

今シーズンは何回行けるだろう。

真っ青な空に映える真っ白な樹木の姿が見たくて、また行くんだろうな。

今読んでいる本

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。