シータヒーリングのインチュイティブアナトミー(超感覚解剖学)を学んでいます。

いよいよ本格的に解剖学的観点から学んでいきます。

2日目は骨格系🦴

骨格や歯にまつわる思い込みや思考パターンを学んだよん。

今日からペアセッションもあり。
座学で学ぶだけでなく、実践もしてみなきゃね。
使えるようにはならんもんね。

今日のテーマである骨格系にまつわる体験として、左足の骨折と、チェックしたビリーフ(思い込み)から探求していくと、なんと!原人時代の思い込みだった(笑)

シータヒーリングでは、筋肉反射テストでチェックしていくから、頭では「そんなことない!」「あり得ない!」「絶対ない!」なんて思ってることや、理解不能なことも、体が応えてくれちゃうのよね。

だから、受け入れるしかない(苦笑)

今日探求したビリーフも、「ある」感覚はあっても、この人生で具体的な前例は思い出せないもの。

リーディングしてくれたヒーラー役の方も、リーディングで見えたものがちょっと人間離れしていたそうだ。

そのリーディングがあまりに面白いので、本当かどうか体に聞いてみようよ、という話になり、体に「明治以降ですか?」「江戸時代ですか?」「戦国時代ですか?」…「縄文時代ですか?」と時代を遡って聞いていったところ、人類史の領域では「No」(笑)

最後に「原人時代のですか?」と聞いたところ、「YES!」とガッツリ入ってて爆笑🤣

ヒーラー役の方が「まさか!」と動揺してるのがわかったけど、体の応えだから信じないわけにはいかない。

今生ではない、古いものだとは感じてたけど、まさかホモ・サピエンス以前の思い込みとは、わたしも思わなかった😅

人の細胞には、生命誕生35億年前からの記憶が全て残ってるから、出てきても不思議ではないんだけど、こうやってリアリティをもってわかるシータヒーリングって、おもろすぎるwww

原人時代からの思い込みということは、これはわたしだけの思い込みではなく、人類すべてに入っている思い込みということでもあるのね。

集合意識ってやつね。

この思い込みをわたしを通してヒーリングすることで、この集合意識に作用することになるわけ。

わたしがシータヒーリングを面白い、凄いと思うのは、このレベルまで扱えるからなのよね。

誰か(今日の例でいうなら、私)を通して、集合意識にある思い込みさえも書き換えていくことができる。

これはシータヒーリングの魅力であり、わたしがシータヒーリングでクライアントをやり続ける理由でもある。

1人でも多くの人の意識を変えていくことで、集合意識にも作用していくからね。

わたしの中には、個人を超えた領域を変えていくことに、運命と使命感を感じてる。

今日のセッションもまさに、それができたわけ😊

下記の写真は、歩く骨格見本になってくれた講師のマナさん。
こんなふうに、楽しみながら、体を切り口に自己探求しておりますよん😄

今日は急遽、ヒロ・シェフがランチも作ってくれました😃


美味しかった😋

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。