時代が動いているからでしょうか。

双子座新月を迎えた5/23の朝。
ふと、言葉が湧いてきました。

『自然に生きる』

よく使いますよね。
「今日は自然に目が覚めちゃった」とか、「自然と足が向いちゃった」とか。

この「自然に」起きてくる理由もない体の反応や動きってあるじゃないですか。
これに合わせて生きていくことが「自然に生きる」ことなんだろうなぁ…と思えたんです。

その考えをじっくりと深めてゆくと、これを探求していくことがミッションじゃないかと、じわじわと思えてきました。

元々自然界(生態系)にある「理(ことわり)」って、わたしにとってはとても大切なものなんです。

昨年訪れたオーストラリアの砂漠のど真ん中で生きるアボリジニの人たちの生き様や、3月末に訪れた沖縄・竹富島の人たちの暮らしぶりに心が震えたのも、この自然界の理に従い、自然と調和しながら理にかなった生き方をしているから。

あぁ、わたしはそこに感動するんだなぁと思ったのです。

で、我を振り返った時、わたしにそれできてるのかなぁ?と考たら、「あれ?できとらんかも…」A(^^;)アハハ

これだけ地球と自然を愛し、自然界に学んできながら、その学びを自分の生活や生き方に活かしてないじゃん。

自然界の循環のサイクルに則った生活してる?
自然界にある生と死のサイクルに則った体を意識してる?
いやぁ、全然できてないわけじゃないけど、「できてるか?」って自然界の神様に聞かれたら、答えは「NO」。

自然の理を感じて、実践できとらんやん。
自分が大切にしていることを、自分ができてないじゃん。
自然に生きてないやーん!
と思ったら、「これが私が人生をとおしてやっていくミッションなのかも!?」と思えたんです。

もちろん、これは私が勝手にそう思ってるだけで、他の人に強要するものじゃないけど、自然の摂理から今の人間の生活や生き方はあまりにも離れ過ぎてる。

自然界に元々ある理を頭の片隅に置きながら生活してみるだけでも違うんじゃないかと思うんだよね。

人間だって自然界の一部だし、1つの体のように見えて60兆個ともいわれる細胞の集まりだし、たくさんの微生物を腸内細菌として宿らせてるんだから、自然の摂理はわたしたちの体の中にも元々あって然るべきなんだよね。

それを今の人間はあまりにも忘れ過ぎてる。

だから、アレルギーや病気といった形で見えてきても、何も考えずにそれをただ消そうとする。

病気は体が起こす反応のひとつを「病気」として扱ってるだけだからね。
私は体が教えてくれるメッセージだと思ってる。
不調という形でね。

だからそこには、ちゃんとしたルールが存在する。
それを無視して治そうったって、それは理にかなってないと思うんだよね。

体内の細胞たちがどんな仕組みで体を調子良く整えてくれているか。
その細胞達は誰かに教えてもらったり、どこかで学んだのではなく、元々備わってる「生き抜く知恵」を持っている。
DNAという形でね。
そのDNAはどこから来たかって、その源を辿れば行きつく先は自然界にあるはず。

その根元的なことを忘れ過ぎちゃってるよね。
現代人てさ。

「ストレス」って一言で片付けちゃってるけど、その言葉が意味してることって、実は自然界にある理を忘れて「自然に」生きていないことを教えてくれるんじゃないかと思うのよね。

だから、その根っこの部分を意識してみるだけでも、生活の仕方や、もしかしたら生き方も変わってくるかもしれない。
もっと言えば、「自然に」生きる人が増えたら地球環境がいつの間にか今より良くなってるかもしれない!
なんて思えてきたんだ。

じゃあ、まず、自分から実践!よね\(^ω^)

と、いうわけで、『自然に生きる』ってことを自分のミッションに据えてみることにしました。

実は違和感を抱きながらも、書き換えるにも適当な言葉がなく2年半程放置。
今回ようやくしっくりする言葉が湧いてきました。

そうなったらいてもたってもいられず!(笑)

ブログにアップしてあるミッションを書き換え、プロフィールを変更し、カテゴリーをゴリゴリと変えはじめました。

作業してるうちに、「んー ブログタイトルも変えちゃう?」
この突拍子のないことも自然発生(笑)

だって違和感そのままだと、愛着なくなるんだもん。

ブログタイトルはこれで4つ目なんで、変えることにはなんの躊躇いもないし、ちょちょっと変更作業して、とりあえず1週間程様子を見てました。

うん。これでいいな。

まだまだ背景画像やら、メニューバーは途中だけど、自分ひとりでできることに限界があるんでね。
あとはサポートを受けながら作業します。

ブログタイトルを変えたら、ブログの立ち位置も定まってきました。

わたしにとってのブログって、やっぱり自分がこう!だと思ったことを表現する場なんだよね。

四角大輔さんが、「人生という名の作品(アート)」という言葉を使っているのに感銘したんだけど、ブログは「わたしの人生」という名のひとつの作品の表現ツールなんだよね。
その想いを強くしました。

と、いうわけで、パッと見のイメージはほぼ変わりませんが、あちこちでちまちまと変更してあるので、お時間ある時にでも見てみてください。

今回変更したミッションはこちら↓

「自然に生きる」人が増えて、この世界が平和で住みやすい場所になってくれたら、こんなに嬉しいことはないね(^^)

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。