電車の中で見かけた老齢のご夫婦。
じっとその様子を見ていると、奥様はしきりに何かに対して文句を言っていらっしゃるよう。
隣にいらっしゃるご主人は知らぬ顔で、景色を眺めていらっしゃる。
あまりに奥様の勢いが止まらないので、やがてご主人が怒った口調で奥様に何かを言い出しました。

こういう光景って、よく見かけませんか?

もしかしたら、昨日やってたばっかりだよ。 という方もいらっしゃるかも。

わたしも、心の学びを始めるまでは、よくやってました。
家でも、会社でも。

『〇〇は△△だから□□なのよ!』

たいてい、〇〇には他人の名前が入るんじゃないかと思います。

それはお隣にいるご主人、もしくはそこにはいない第三者かもしれません。

こうやって自分ではない誰かのことに文句を言い、責めてしまっている時に、こう自分に問いかけてみてください。

『その時、わたしは穏やかですか? 緩やかな気持ちですか? 幸せを感じますか?』

まぁ、たいていの人は、『そんなわけないじゃん!』って言うかな?

わたしだって、他人のことをブリブリと文句言ってる時に、穏やかでいられません。

緩やかさを自分に感じません。
幸せも感じません。
下手したら鼻息荒くて、争い寸前です。

ても、ここ。
これが、ポイントなんです。

自分でない誰かのことを責めてる時って、自分にとって、穏やかで、緩やかで、幸せを感じない時なんです。

もちろん、誰だってこんなときもあります。
人間ですから。

わたしだって、プリプリと誰かのことを言いたくなる時もあります。

でも、それが多い人、よく言ってる人、口にしてる人って、幸せなのかなぁ〜 って思ってしまいます。

幸せを感じる基準って、自分の中にあるんですよね。

何かをやったら幸せになれるとか、何かを手にしたら幸せになるとか、そういうものじゃないと思うんです。

どんなことも、どんな時でも、その瞬間を「幸せ」と感じられるかどうか なんです。

誰かのことを責めたくなった時、そこに「幸せ」はありますか?

「〇〇は△△だから」と言っている、△△は自分の中の条件づけ、定義です。

「△△だから□□になる」と思っているその条件は、自分に「幸せ」をもたらすものでしょうか?

この「△△だから」がもしなかったら?

誰かを責めることはなくなるかもしれませんね。

そしたら、イライラもせず、穏やかで、緩やかで、幸せでいられるかも。

誰かのことを文句言いたくなったら、「△△だから」と相手に貼っている「ラベル」を見極めてみると、意外な発見があるかもしれませんね。

今日も「幸せ」で「穏やかな」1日でありますように。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。