お寿司は好き!と言うより、食べたい時に食べれればいいやっていう程度で、あえて選ぶ外食メニューではありません。

そうは言いながらも、機会があれば足を運んでしまうのが、川越幸すしさんなんです。

づけまぐろが最高だった!

この日はカウンターに通されたので、目の前にはズラリと並ぶ寿司ネタ。

グループで訪問したのでお料理はコースだったんですが、お寿司だけは自分で指定してくださいとのことだったので、食べたいものをオーダーして握ってもらいました。

中でも、超美味しかったのが、づけまぐろ!

オススメだって言うので、もうこの時点で満腹なのに、欲張ってみました。

お腹がいっぱいになってくると、味ってよくわからなくなりませんか?

それなのに、このづけまぐろときたら、頬張った瞬間、「んんん!」

噛んでゆくにつれて、香ばしい香りがしてきて、自分の中で広がってゆく感じがするんです。

「おいひぃ!!」と、もぐもぐしながら何回も呟いてしまいました。

で、目の前の板さんに聞いてみました。

「これ、なんか凄く美味しいんですけど! 凄く香ばしい! なんでですか? 」

「特製ダレに漬けてるんです。香ばしいのはカツオを使ってるからかなぁ」

「へー! そうなんだ…
おかわりしていいですか?」

あまりの美味しさに、はち切れそうなお腹してるのにおかわりしちゃいました!(笑)

そして、食べ終わっても、「まだ食べたい♡」

近所に幸すしがあったならば…

このづけまぐろだけ食べに通いたい!

お料理も美味しいけど、雰囲気も素敵!

幸すしは明治11年創業。

今年で創業140年を迎える老舗です。

特に、中庭を望めるお部屋はどこも雰囲気が超素敵!

この雰囲気だけでも、ちょっと贅沢した、特別な気分になれます。

奥座敷と呼ばれるところに何回か通してもらったことがありますが、同じ個室に通されたことが今のところありません。

どのお部屋にもお花も生けてあります。

これは従業員さんがすべてされてるそうですよ。

お料理にも細やかな気配りが感じられます。

写真中心でお料理をご紹介


▲ 天ぷらもサクサクとして、とても美味しいのです。


▲ 別の日のコース料理


▲ 器も素敵♡


▲ これまた別の日にいただいた ちらし寿司


▲ おりしもお店の前の八重桜が満開でした

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。