1カ月という、わたしとしては長い期間、お籠もりしています。

出かけるのが好きなわたしが、ずーっと家にいると、ついつい矢印が内側に向き、内向性に拍車がかかる。

ふふふ。

これでもわたくし、かなりの内向性なんです。

ひとりが好きで、ひとりの時間がないと死んじゃうタイプ。
人混みも苦手。

自分のそんな一面がどーんと前に出てくると、そこに伴って出てくるいろんな感情や思考がある。

そもそも、この内向性のパターンはわたしが好んで使う逃避のパターンでもある。

昔はよくこのパターンを使って、現実から逃げていた。

だから、昔愛用していた思考グセや、あの時の感情なんかがワイワイと出てきて、余計に内側へと引っ張り込む。

逃げる方向に自然と足が向いてるのよ。

でも、待った。

今のわたしは、これが自分の好みのパターンだとわかってるし、そんな時はどう自分に言い聞かせればいいかもわかってる。

特に今日は、朝から頭痛がして、アタマに“気”が行ってるのかがよくわかる。

こういう時は足だ。

グランディングね。

冬じゃなきゃ、裸足でアーシングしちゃうんだけど、さすがに寒くてイヤだわ(笑)

瞑想して、アタマを休め、今、ここで、自分が選択していることを意識する。

今日、わたしが選んですることは何だ? と問う。

それをしっかり身体で感じる。

ここまで書いて、ホント思考タイプって面倒くさ!と思っちゃった。

アタマぐるぐる、ついつい思考をぶん回してしまう方は、体感覚を大切にするといいですよ。

思考は、過去と未来の行き来しかしない。

思考がぐるぐるしてる時は、今、ここにいないのよ。

身体は今、ここにしかない。
呼吸も同じ。

呼吸を意識して、次に身体に意識を向ける。

身体で感じてることを、じんわりと感じる。
身体に沁み込ませるように感じてみる。

この引き篭もり月間は、自分が欲しくて作った期間です。

溜め込んでた諸々を整理整頓し、スッキリと新しい季節を迎えるための準備期間。

次にステップアップするのに、必ず要る期間なの。

今日の夕方の状態をイメージして、今ここでやることを選択していきましょう。

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。自然界と繋がって生きることは、生きる力の根源と繋がることだと思っています。
自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、「自然のままに生きる」とはどういうことかをライフデザインのテーマとしています。

今は、生かされていることに感謝しながら、自由に安らぎと穏やかさに満ちた日々を暮らすとはどういうことなのか、また、バランスの崩れた体を健康な状態に導くにはどうしたらいいのか、ヒーリングスキルを使って自分の体で実験中です。

このブログはわたしのライフスタイルを通して、体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録です。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。