家計簿をやめるつもりだったけど、Money Forward を使ってみることにしました

2018年になって、新しくやめようと思ったことのひとつに「家計簿」がある。

2014年からExcelで家計簿をつけてきたけど、とにかく面倒くさい。

本気でやれば1カ月分は2時間もかからないけど、それでも億劫で入力が溜まる。

カードの利用チェックまで手が回らず、もう何カ月も放置状態(笑)

Excelの前は「Microsoft Money」を使っていた。
とても使いやすいソフトだったけど、販売停止になってしまった。

以来、あれこれ試してみるものの、どうも市販のソフトと相性が合わなくてイライラしっぱなし。

ならば自分で作ってしまえ! と自作したのがExcel家計簿。

わたしの場合、複数の口座、複数のカード、複数の財布を持ち、袋分け家計簿の考え方をベースにしている。

袋わけが人生を変えた!知らず知らずに月5万浮く!A4ファイル1冊でできるズボラ式家計管理術

大学卒業してすぐ結婚して、お金がなかった時にこのやり方で乗り切ってきたんだよね。

この使い方が自分にあっているから、現金は今でも「袋分け」で管理してる。

さらに、この延長で「口座分け(資産分け)」もしている。

ベースとなる預金口座以外は、○○用というように、用途によって複数の口座を作り、専用口座として管理している。

専用口座だから、どの口座にどれだけ残ってるかは通帳を見れば明らかだし、明細も全て通帳に書かれているので家計簿をひっくり返さなくてもいいメリットがある。

これで20年以上回してきた。

ただ、口座がたくさんあって管理が面倒になってきちゃったんだよね。

数年前、ローンの借り換えの為に新しく取り引きをはじめた銀行が増えた頃から、ちょっと煩雑になってきた。

今までは時間もあったけど、2017年は管理がほとんどできなかった。

支出が気にならないくらい稼げばいいだけのことだから、いっそ止めちゃおうとも思ったわけ。

理想はそこだよね。

でもね。
これからフリーランスとして収入を伸ばしていこうと思うと、確定申告がいるもんね。

家計簿は止めても困らないけど、個人事業主として帳簿は必須。

止めちゃおうとか言ってる場合じゃない。

で、事業用のサービスを探しているうちに、ふと目にとまったのが「Money Forward」だった。

「Microsoft Money」を使っていた頃は、現金以外は全部自動入力で便利だったよなぁ。。。

今は現金支出部分もほとんどカード利用だから、手入力するものはかなり少ないはず。

口座分け管理してきたことがメリットになるかな。

で、とりあえず、1カ月無料だし、2017年の決算をやってみようと思ったの。

2017年の家計は、ほとんど野放し状態でぐっちゃぐちゃ(笑)

これがスッキリ見渡せるようになったら、家計簿止めなくても何とかなるかも。

一度止めるつもりだったから、できなくてもいいし、これで上手くいきそうならラッキーだもんね。

子供の大学進学を控えて、お金との付き合い方を見直す時期なのかなとも思う。

ひとりで、3つの会計口座(家計、仕事、私費)を管理するのは大変だもんね。

今までのやり方のできてる部分と融合させて、ラクになるといいなぁ。

家計簿アプリ 資産管理 「マネーフォワード」

via PressSync

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です