時間を制限する、区切るにはワケがある。時間をかけてダラダラやるのは逆効果だとようやくわかりました。

パソコンと本

読書やブログを書く時に「〇分でやる」と、時間を制限するんだよって、教えてくださる方が口々に言われるんですか、これがなかなかできない。

時間内に終わらないんですよ。

終わらないからタイマーがなった後も続けてしまう。

それで、そのあと非常に疲れるんです。

頭が痛い。

最近、見え方が毎日違うので、非常に目が疲れる。(年齢的なものですね。)

スマホで書いてることが多いので、手が痛くなる。

ここまではよくあることなので、そんなに気にしていなかったのですが、先日 閃輝暗点が見えてしまいました。

こんなもん初めて見えました。

脳がストレスを感じてる証拠ですよね。これ。

息子には「お母さんスマホやり過ぎ」と言われる始末。確かに。。

なんでこんなに疲れるまでやってるんだ私?

そこで、ようやく気づいたんです。この「疲れ」が気づかせてくれました。

これは「時間のかけ過ぎ」だ と。

キャンドル

先日読んだ木村聡子さんの本にも書いてありました。「時間をいくらでもかけていい」と思っているから時間がなくなるんですよね。

そうなんです。

時間を制限していることに意味があるんです。

時間を区切るということは、制限する=やるぞ!と脳が集中した状態をつくる ということです。

脳を集中状態にするのは、パフォーマンスを上げることが目的です。

それを、やり切れなかったからとオーバーすることは、その集中状態を制限なく続けていたことになります。

それは疲れるわ。

頭痛もするし、身体のあちこち痛くなるはずです。

ダラダラ長時間やることに意味はないんですよ。

そんなに長時間集中できないからダラダラと長引いていくんです。

時間を区切ることに意味があるんですね。

そのことにようやく気づきました。

というより、すぐ忘れちゃうんですよね。わたし。

よし、忘れないためにブログに書いておく!

そして、「たすくま」にしっかり計ってもらって、ログもとる。

早速、実行!

目の前にアナログ時計を置く。

「何分でやる!」と自分に宣言してから、タイマーのスイッチ押す。

この記事から早速実践しています。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です