読書やブログを書く時に「〇分でやる」と、時間を制限するんだよって、教えてくださる方が口々に言われるんですか、これがなかなかできない。

時間内に終わらないんですよ。

終わらないからタイマーがなった後も続けてしまう。

それで、そのあと非常に疲れるんです。

頭が痛い。

最近、見え方が毎日違うので、非常に目が疲れる。(年齢的なものですね。)

スマホで書いてることが多いので、手が痛くなる。

ここまではよくあることなので、そんなに気にしていなかったのですが、先日 閃輝暗点が見えてしまいました。

こんなもん初めて見えました。

脳がストレスを感じてる証拠ですよね。これ。

息子には「お母さんスマホやり過ぎ」と言われる始末。確かに。。

なんでこんなに疲れるまでやってるんだ私?

そこで、ようやく気づいたんです。この「疲れ」が気づかせてくれました。

これは「時間のかけ過ぎ」だ と。

キャンドル

先日読んだ木村聡子さんの本にも書いてありました。「時間をいくらでもかけていい」と思っているから時間がなくなるんですよね。

そうなんです。

時間を制限していることに意味があるんです。

時間を区切るということは、制限する=やるぞ!と脳が集中した状態をつくる ということです。

脳を集中状態にするのは、パフォーマンスを上げることが目的です。

それを、やり切れなかったからとオーバーすることは、その集中状態を制限なく続けていたことになります。

それは疲れるわ。

頭痛もするし、身体のあちこち痛くなるはずです。

ダラダラ長時間やることに意味はないんですよ。

そんなに長時間集中できないからダラダラと長引いていくんです。

時間を区切ることに意味があるんですね。

そのことにようやく気づきました。

というより、すぐ忘れちゃうんですよね。わたし。

よし、忘れないためにブログに書いておく!

そして、「たすくま」にしっかり計ってもらって、ログもとる。

早速、実行!

目の前にアナログ時計を置く。

「何分でやる!」と自分に宣言してから、タイマーのスイッチ押す。

この記事から早速実践しています。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。