立花B塾 第3講に行ってきました。

早いもので、もう3講ですよ。

全4回のうちの3回目。

あと1回でレベル1も終わります。

なんかね、LPLで毎月1回を7カ月やってるからなのか、時間感覚狂ってきてるかも(笑)

3回なんてあっという間だった。

で、今日の第3講。
一番だったのは「フロー」の話かな。

Be(在り方)と、ブランディングと、ブログと、3つの構成のうち、Beの部分での話。

フローについてはコチラを参考に。

フロー (心理学) – Wikipedia

わたしがフローに入ってる時って、Excelでデータ作ってる時は間違いなくそれ。

あっという間に半日終わるし、どこまでもやりたくなるし、ハイパフォーマンス。

さらに、この時にわからなくて調べたことって身体が覚えてる。

「できる」の積み重ねができてるの。

でも、単にExcelっていうだけじゃなくて、Excelでどんなことをしている時にフローに入ってるのかがポイントなんだと思った。

Excelでデータを作ることは、

無から有を創り出す。

バラバラな情報を整理して見やすくする。

そんなことをやってる時が楽しくて仕方ない。

てんでバラバラだった情報をスッキリまとめられた時の達成感、爽快感たらありゃしない。

いつもウットリしてます(笑)

ええ、ええ、ただのオタクなのです。

そんなことは充分、自覚してますよ。

そしてこれが“強み”であることもね。

この感覚を、他の分野でもどう活かしていくかが、わたしの今のテーマでもあるんです。

ブログに、カウンセリングにどう活かしていくかね。

どちらも暗中模索状態。

で、話を戻すと、ブログを書いている時にフローになるためにはこの感覚を持ってくればいいんだと思ったわけ。

講座では、フローをキープするために「楽に楽しく続ける」ってあったんだけど、「楽しくなる」ために、この感覚を持ってくればいいのかな?って思った。

アタマん中でバラバラな情報をまとめて、自分が見やすく、読みやすく書く。

これ書いて、ブログの基本じゃんて思ったけど、意外に強みに繋がってるのかもなぁ。

これだけウンウンとブログ書くことに苦しんでるけど(笑)

今は、フォーマット(型)を作って、そこにはめていくやり方が書きやすいし、逆にこの型がないと入口が分からない感じもある。

整理しやすくする型を生み出すのが今の課題なのかもなぁ。

そのためには、やっぱり“ただ”書くこと、それもいろんなジャンルの記事を書いてみることなんだと思う。

それが試せるのがB塾の期間でもあるわけだ。
(終わっても暗中模索は続けるけどね)

ぼちぼち日記記事、プラスアルファに踏み出す時期だとも思ってるんでね、チャレンジの時だね。

第3講は全体として、自分の“強み”に気づき、その強みの活かし方について考えさせられる回でした。

この半年ぐらい、ずーっとテーマにしてることでもある。

そこのDoingがわたしには課題だなぁ。

ブログという情報発信をしながら、「あり方(Being)」と成功するための「やり方(Doing)」の両方が学べる たっちーこと 立花武志さんの「立花Be・ブログ・ブランディング塾」、とってもいい講座です。

あと1回だけど、成果はしっかり受け取れそうです。

次期は東京・大阪・金沢で開催。
気になる方はコチラから。

立花Be・ブログ・ブランディング塾 東京・大阪・金沢で開催!! 個人の情報発信で人生を劇的に変えよう!! | No Second Life

今日読んでいた本

今日の小さな習慣

ブログ更新:3記事
月間100記事チャレンジ:15/100記事
1記事100円貯金:300円 累計9200円

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。