ブログを書く手が止まってしまった。

止まって5日ぐらいは書きたい気持ちも繋がっていたけど、そこから2-3日経つと気持ちも切れてしまった。

今まで何回もやらかしてきてるパターンでもある。

気持ちが切れてしまうと、書く気力から繋ぎ直さないといけないから、書き始めることが重い。

自分の中にある想いを文字化するスピードも鈍る。

この記事を書くのでさえ、正直、もう書かなくてもいいかなとも思って書いている。

今までだったらこのまま書かなくなるパターンだ。

でも、今はそっちのパターンを選択したくない。

ここで挫けたくはない。

気合いを入れて、数記事書いてみようか。

でも、それじゃ、やっぱり書けなかった。

書きかけの下書きは溜まってる。

そこで、「小さな習慣」を思い出してみた。

わたしにとって、ブログを書くことへの「小さな習慣」は、1行でもいいから書いて「公開」すること。

これをやることに対する抵抗もある。

でも、ブログを書くことを止めることだけはできない。

ここは意志の力でコントロールできるようになった。

すでに、書かないことの方が遥かに気持ち悪い。

だから今、「公開」ボタンを押せない日が連なっていることがストレスでしかない。

「公開」ボタンが押せていないことがストレスなのに、それをやってない。

自分で自分を追い込んでるだけじゃん。

馬鹿らしい。

時間に追われていても、ひとつずつ消化していかなきゃ、やりたいことは増えていくだけで減らないんだよ。

むは-!

なんだこの悶々とした状況。

自分のために、自分が見たい世界のために、書き続けるって決めたんだから、とっととやればいいのだ。

何度自分に同じこと言ってるんだろうと思う。

ごちゃごちゃ言ってないで、公開ボタンをどんどん押せばいいだけ。

留まっていたって何も変わらない。

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。