いつまでやってるの、それ? 自分へのひとりごと。

ブログを書く手が止まってしまった。

止まって5日ぐらいは書きたい気持ちも繋がっていたけど、そこから2-3日経つと気持ちも切れてしまった。

今まで何回もやらかしてきてるパターンでもある。

気持ちが切れてしまうと、書く気力から繋ぎ直さないといけないから、書き始めることが重い。

自分の中にある想いを文字化するスピードも鈍る。

この記事を書くのでさえ、正直、もう書かなくてもいいかなとも思って書いている。

今までだったらこのまま書かなくなるパターンだ。

でも、今はそっちのパターンを選択したくない。

ここで挫けたくはない。

気合いを入れて、数記事書いてみようか。

でも、それじゃ、やっぱり書けなかった。

書きかけの下書きは溜まってる。

そこで、「小さな習慣」を思い出してみた。

わたしにとって、ブログを書くことへの「小さな習慣」は、1行でもいいから書いて「公開」すること。

これをやることに対する抵抗もある。

でも、ブログを書くことを止めることだけはできない。

ここは意志の力でコントロールできるようになった。

すでに、書かないことの方が遥かに気持ち悪い。

だから今、「公開」ボタンを押せない日が連なっていることがストレスでしかない。

「公開」ボタンが押せていないことがストレスなのに、それをやってない。

自分で自分を追い込んでるだけじゃん。

馬鹿らしい。

時間に追われていても、ひとつずつ消化していかなきゃ、やりたいことは増えていくだけで減らないんだよ。

むは-!

なんだこの悶々とした状況。

自分のために、自分が見たい世界のために、書き続けるって決めたんだから、とっととやればいいのだ。

何度自分に同じこと言ってるんだろうと思う。

ごちゃごちゃ言ってないで、公開ボタンをどんどん押せばいいだけ。

留まっていたって何も変わらない。

via PressSync

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です