先週、三浦から帰って風邪を引きずったままびわ湖ワークショップに突入し、想定どおりの夜中までの懇親会で、かすれてる声を悪化させて帰ってきました。

咳のしすぎで、胸とお腹が筋肉痛になってしまうほど。トホホ。

体を休めるために午前はオフにして、昼まで寝て過ごし、午後からはオンラインでセッションを1本。

夕方、荷物を発送しに出かけたぐらいで、体を休めることに徹底しました。

夜も21時にはフトンに入り、ほどなく爆睡。

こうやって書くと、起きてた時間の方が短いね。
少しは睡眠負債を返せたかな。

声もだいぶ戻りました。

ブログも1週間更新ボタンを押せず、溜まってますが、書く気力も湧かず、敢えて何もしないことを選択しています。

明日から、また予定が入っているので、とことん休めておきたいのが本音。
来週はまた合宿があるし。

しかし、一人での長距離運転が、体にこたえるようになりましたね。

数年前まで、大阪を夜行日帰りとか平気だったけど、今はできる気がしないです。

睡眠不足が一番の原因でしょうけど、運転もそこそこ疲れるもんね。

高速道路でイライラ運転してるのもよくないかな。
ハンドル握ると人格変わるからね(笑)

自分の体の声にしっかり向き合って、ケアとプランニングしていこうと思います。

体が、「前とは違うんだよー」「変わってるよー」って教えてくれてる気がするからね。

体の声に素直になっていきたいです。

今読んでいる本

読書もお休み

今日の1000日チャレンジ

ブログ更新:1記事
100円貯金:100円 累計2100円

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。