定期的に体のメンテナンスをしています。

10代の頃から肩や首が凝りやすく、さらにパソコンやスマホに向き合っている時間が長いので定期的なメンテナンスで、体を解すことは欠かせません。

ところが、忙しいとついついなおざりになっちゃうのも事実。

日増しに積み重なった疲れで体がガチガチに固まり、痛みを感じる頃にはもう自分では何ともしようがないレベルになっていることもあります。

今月も体中の固さを感じながらメンテナンスに行く時間が取れず、気がついたら慢性的な痛みがある腰は動く度に音がするほどの状況になってました。

このまま放置はいかん!

お世話になってる先生のところへ行って、ガッツリ整えてきてもらいました。

終わったら腰が真っ直ぐ伸びてるのが自分でわかるくらいの気持ち良さ。

先生に伺うと仙骨をしっかり調整してくださったとのこと。

歩いてみると違和感(笑)

どれだけ歪んでたんだ、今まで!

仙骨があるべき位置にある心地よさ。
背筋が伸びて、頭を支えてるのが背骨だとわかる、この感覚。

この感覚を維持していくのが大切なんですよね。

ついつい前傾しがちな日常ですが、踵に重心を置く意識を心がけ、気がついたら緩めていきたいですね。

今読んでいる本

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。