ただいま絶賛風邪ひき中で、風邪ひきながら自分を内観してます。(笑)

そしたら笑えないぞこりゃ、と思えてきたんですよ。

っていうのも、そこにビリーフがあったからなんです。

「風邪など体調を崩すと怒られる」

なんと、そんな思い込み(ビリーフ)を持っていました。びっくり仰天!

体調悪くて寝込みながら、すごくビクビクしてる自分がいるんです。

家族に声をかけられのが怖いんです。

そして、グダグダ、ダラダラしながら、こんなんじゃ、さダメだー。
ちゃんとしなきゃ。。。

ん?!

自分を責めてますよ? コレ。

こんな自分はダメ。
親に迷惑をかけるわたしはダメ。

だからね、体調悪くても頑張っちゃうんです。
無理しちゃうんです。
ダメなわたしを認めたくなくて。

体調悪い時こそ、自分の辛さを受け止めて、自分を許してあげる時じゃないですか。

辛いよね。
しんどいよね。
ゆっくり休んでいいよ。
頑張らなくていいんだよ。
体調悪い時ぐらい、迷惑かけたっていい。

はじめて自分にそんな言葉をかけたら涙出てきました。

ただの風邪なのに。

でもただの風邪だけど、こういった自分を許す気持ちはとても大切だと感じます。

自分の辛さを受け止めて、許す。
これでいいんだよ。ってね。

そんな緩さを自分に向けてますか?
自分に優しくしてますか?

風邪ひいてまで、自分を責める必要はないですね。

自分への寛容さ。

これ、そのまま他人への寛容さに繋がると思います。

だってお互いさまだもの。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。