激しく感情が動いたのはいつぶり?!

先日珍しく、激しく感情が動きました。

とある人と話している時に、なんともいえないざわつき、不快感、嫌悪感を感じることがあったのです。

ここしばらく感じたことのないような大きな感情の動きで、自分が動揺していることがわかりました。

「あー!もうこの続きは聞きたくなーい!!!」

以前なら、シャッターを下ろすように、ガラガラ ピシャッ!と心を閉ざしていたパターンです。

でも、今回は動揺しながらも、「相手の何に反応してるんだ私!」と自己観察もしていました。

投影ってやつですね。
「相手は自分の鏡」ってヤツです。

激しい感情に揺られながら、自分を客観視しようと必死でした。

この何ともいえない感情は何なんだ!と自分に問いかけてました。

結局、この時はいっぱいいっぱいでわからなかったのですが、後から冷静になって考えると、この時感じていたのは「怒り」のようでした。

ほぅ。
わたしは怒っていたんだ。

そう思ったら、ニヤニヤしてきちゃいました。

怒りの感情を封印して生きてきた

わたしは長い間、「怒り」を封印して生きてきました。

長い間って、ほぼ人生まるまるです。

自己探求をしていく中で、かなり小さい頃(おそらく3歳頃)に感じた、親への「怒り」をそのまま表現できなかったことを知りました。

カウンセラーの方に「そこは怒っていいところでしょ?」と言われたのが、大きな気づきとなりました。

そっか、あの時感じていた戸惑いの感覚は、「怒り」を怒りと表現できなかった戸惑いだったのか。

ここで起きた小さな誤解が引き金となり、その後、「怒り」を感じ、そのエネルギーを発することが怖くなっていき、いつしか「怒り」を感じなくなってしまった・・・というよりも、感じても表現しなくなってしまったのです。

心理学的に言うと、「怒り」は二次感情といったり、感情的反応といったりします。

つまり、「怒り」を感じる前に感じている別の感情があることが多いのです。

わたしの場合、「怒り」の下には「淋しさ」「悲しさ」といった感情があったことを知りました。

「淋しさ」「悲しさ」といった感情を感じたくがないゆえに、「怒り」を感じることも封印してしまっていたのです。

「怒り」の下にあった「淋しさ」や「悲しさ」の感情をしっかりと感じ直し、そこで本当は何を感じていたのかを自分の中から蘇らせました。

その時のニーズをしっかり認識し、その時感じていた「淋しい」「悲しい」といった感情を終わらせました。

本当の感情ってね、しっかり感じると流れていくんですよ。

川の流れのように、静かにね。

「淋しい」「悲しい」といった感情が流せたので、その後「怒り」の感情を感じることを許しました。

だからね、今回は、自分が怒っていたことを自覚できて嬉しい。

嬉しいっておかしいかもしれないけど、今までこういった「怒り」を感じた時には、自分を抑えこんでいたわけだから、怒っていると自覚するどころか、わたしは怒ってもなんかいない! と自分の感じていることを否定していたんです。

それが今回はちゃんと怒っていると感じることができた!

もうニヤニヤせずにはいられないんですよ。

感情に揺さぶられながらも、不快感を相手に伝えることもできた

しかも、今回は相手には不快であることを伝えることもできたんです。

感情のまま伝えるのではなく、相手がなぜそういう話したのかを思いやって、言葉を選んで伝えました。

ちょっと言葉尻はキツかったかもしれません。
表情も絶対穏やかではなかったはず。

それでも、相手の気持ちをちょっと考えただけで、感謝の気持ちが湧いてきたんです。

だからその気持ちをそのまま伝えました。

「ありがとう。わたしのことを想ってくれてなんだね。それだけで嬉しいよ」

それがその時は精一杯でしたけどね。

でも、以前なら怒りのままシャッターを降ろしていただろうに、相手に「ありがとう」って言えた自分、エライ!

その後別れてからもどうしても落ち着かず、あまりに気分が乱れてしまったので、その後の予定を変更して近くの森へ行っちゃいました(笑)

木々に囲まれてるとホント落ち着く〜
おかげさまで、すっかり沈静化して、次の予定に向かうことができました♪

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。