やってまいりました!
初の四国上陸であります!!

画像

出歩くのが大好きなベルちん一家ですが、実はだれも四国に行ったことがなく、小田さんのライブついでに四国をちょっとだけかじってきました。
小田さんのライブがある、さぬき市野外音楽広場は瀬戸内海に面した大串半島にあります。

ここを拠点に歩き回ろうかと計画していたんですが、行きたいところがやっぱり内陸部ばっかり(笑)だったので直前にキャンプ場を変更することに。
このとき候補にあがっていた”まんのう公園”にサイトすりゃよかった・・・とのちのち後悔することになるんですが・・・(笑)
そ。
小田さんのご当地紀行・新企画「みんなで歌い倒そう」がまんのう公園だったんです!
ダンナと2人で悔し泣き{%涙(ヒタヒタ)hdeco%}
で。

選んだのは徳島県・四国三郎の郷オートキャンプ場
画像

吉野川沿いのとてもよく整備された、とても快適なキャンプ場でした

区画サイトもフリーサイトもありますが、3泊もキャンプ生活となるとやたら充電するもの多いので電源付き区画サイトをお借りしました。

画像
区画と区画の間に植え込みや木もあり、ある程度の合い間があるので
お隣さんがいてもあまり気にならなさそうです。

と、いうのも、平日・木~金と張ったからでしょうかね。
なんとキャンパーは我が家だけ!
コテージを利用されている方もいましたけど、ほとんど貸切状態(爆)
消灯時間を過ぎても延々と外で遊んでいても迷惑にはなっていなかったかと。(笑)

画像
こんな感じで設営完了

ここの設備でビックリしたのが、トイレや炊事場の照明。
すべてセンサー付で近づけば点灯し、いなくなってしばらくすると消灯する。
これって今までありそうで出会ったことがなく、感動しました。
トイレの電気なんて一晩中つけっ放しのキャンプ場がほとんどなんですが、自然の中にきているのに電気つけっ放しってどうかと。
その点このキャンプ場は必要な時だけ点いてくれるので、消し忘れもなくECOだな~と感心しました。
炊事場などもとても清掃が行き届いていてキレイでしたよ。
街近くでちょっとアウトドアっていうにはいいんじゃないでしょうか。
近くにこんなとこがあったら、ココを生活拠点にできちゃうな・・・
家いりませんな(爆)
管理棟にはよく涼みに行きましたが(爆)、ちょっとした売店や広ーいお風呂もここにあります。
調味料類やカップ麺とかも置いてありました。
油をスーパーでも買い忘れて、ここのお世話になりました。
そそ。
モンベルクラブ会員の方は特典があるので会員証をお忘れなく。
車で10分ほどのところに大きなスーパー(酒販あり←ココ大事w)もありました。
実は真夏に平地でキャンプするのは屋久島に続いて2回目で、夜暑くて寝られないんじゃないかと心配もしたんですが、夜遅くなると風が冷たく感じられるほどでした。
さすがに朝は太陽が上がってくると、あちくて何もできませんでしたけどね  (;^_^A
この快適なキャンプ場をベースにあちこち出歩いた日記はまた別で。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。