> ちゃんとトラバしろよw(爆
はいよ~ (^o^)/
というわけですっかり出遅れましたが、
行ってきました~! 5ヶ月ぶりの東京遠征♪
第4回西新宿アコースティックファミリーコンサート
出演:岡崎倫典、岸部眞明

2010.6.13
東京/新宿・西新宿ハーモニックホール

このお2人の競演と聞いて行かないわけにはいかないでしょ!
しかもなんと良心的なお値段!(爆)
このところ、このお2人のライブには縁がなくって、急な予定で予約をキャンセルせざるを得なくなったり、別のライブと被っていたり・・・
なので、jiRoさんから『こんなライブがあるよ~』のお知らせを聞いてすぐに予約!
結果、満席だったので早めに予約しておいて大正解でした♪(^o^)
ライブの時間が午後の早い時間だったので、朝イチのぷらっとこだまで東京入り。
欲張りなんで(笑)、まずは小田さんのお店『Far East Cafe』へ
『LIFE SIZE 2009』を手に入れ、いーっぱいの小田さんに囲まれてきました{%音符②(キラキラ)hdeco%}
日曜日の開店直後だったせいでしょうか。
お客さんはアタシだけ。
超幸せな時間 {%ウサギお願いhdeco%}
その後、近くにある『HARNN』へ。
このお店のことはいつか記事にしようとは思ってるので割愛(笑)
どうしても行きたかった用事をささっと済ませて、いざ新宿へ!
この日は昨年11月のオフ会以来、twitter上でもお付き合いが続いているjiRoさん、Mookさん、mas830さんと再会&ランチの約束をしていたのですが・・・
かなり慌てていて、携帯ナビの設定が違っていたのに気づかず、西新宿のはずなのになぜか新大久保駅で下車。
大久保駅方面へ歩きながら頭の中でよぎる???
大久保駅で改めて確認してみて、ようやく間違いに気づいた時にはもう汗と焦りでガッカリ・・・orz
気力を振り絞ってガンバって西新宿まで歩いて、みなさんに合流できたのは、開場30分前。
心配をおかけして、スミマセンでした。<(_ )>
翌日
このドジ話を東京在住経験のある会社の後輩に話したところ、
『なんでタクシーに乗らなかったんですか!』
と、呆れられてしまったのですが、
名古屋では近距離タクシーに乗ると、睨まれるんですよ!
そう、まるでそんな距離「歩け!」と言わんばかりの目つきで。
その場で一瞬、タクシーがよぎらなかったわけじゃないんです。
でも、地図で見ても、眺めてみても、どうみても歩ける距離。
うーん。。。
JRで大久保から新宿まで戻って、駅の階段昇降して、ヒトいっぱいのホームから改札抜けて、また歩いて・・・なんて考えたら、
ここから歩いても一緒だい!
と、迷って、悩んで、歩くて行くことに決めました。
時間的にはおそらくほとんど変わらなかったと思います。
慣れないサンダルのせいで足の裏に水ぶくれ、4つもできましたが・・・ (×
×)イダイ・・・
閑話休題・・・
みなさんに無事w合流した後、今回のライブは自由席の為、開場前には着いてないと・・・ということでぼちぼち会場へ移動。
受付を済ませた頃には入場もはじまり、右手前方の席を陣取りました。
で。
住出さんの時のイタイ経験を活かして(笑)
あ・・・住出さんのライブレポUPしてない・・・(激爆)
開演前に早速CDをゲト!
岸部さんは、次はコレ!と決めていたので、「奇跡の山」を
画像
倫典さんのは、暫し悩んで、タイトルと大好きな写真家・前田真三さんとのコラボだということで「富良野」を。
画像
日々ヘビロテ中です♪
さてさてライブの方はと言いますと、
開演30分ほど前に、主催者さんからのご紹介でウェルカムアクトで茨城のokayanさんの演奏。
とてもMCの面白い方でした♪
いつもは話し声の飛び交うようなところばかりなので、今日みたいな静かなホールでの演奏は・・・ (;^^A
と雰囲気の違いにちょっと戸惑いぎみ?
でも、のびのびとギター弾いてみえましたね。
さすがに年間100本を越えるライブをされてるだけのことはあります。
okayanさんのブログはコチラ
この日のライブレポが写真入りでUPされてます。
その後ちょっこっとの休憩。
この時、主催者の方から、韓国からみえた方もいるんですよ~ と若い方のグループが紹介されてました。
倫典さんと岸部さんがいっぺんに聞けるなら行ってみたい気持ちは一緒ですね。
私も韓国や上海、台湾くらいなら行っちゃいますね。きっと。
( ̄∇ ̄)ゞエヘヘ アタシの場合は1人でも行ってしまいますが(笑)
さて、岸部さんが紹介されて登場♪
しゃべりだすと長くなっちゃって弾く時間がなくなっちゃうから。
とMC控えめで黙々と演奏されてたカンジです。
でもところどころでぼそっとつぶやく岸部節がまたおもしろくて、岸部さんてこんな方でしたっけ?と思うことしばしば(笑)
タイトルなしの新曲も含めて1時間弱で7~8曲ほど。(メモとってない・・・
ジョイントといえど、これだけたっぷり聴けるとは!
ソロライブの圧縮版(笑)といえるくらいの充実感でした。
それにしても、岸部さんの曲ってほんとリラックスできるんだな。
早起き&歩き疲れもあってか、演奏中はうつらうつらと夢心地。
目を開けて聴いていられない(笑)状態でした。
うん。でもちゃんと全部覚えてますよ d( ̄  ̄) ヾ(^o^;オイオイ・・・
『奇跡の山』が生で聴けて幸せでございました♪
最後の曲に倫典さんが加わって、二人で1曲。
その後、岸部さんは下がられて、そのまま続けて倫典さんのソロ。
1曲目は『花田植』
実際に見に行かれたそうで、念願がかなった感動のままの演奏で、すごーく気持ちがノッてました。
1曲目からすーっともっていかれた感じです。
それにしてもMCも含めて倫典さんのライブってほんと引き込まれますね~
話し方、声の出し方がとてもいい!惹かれます。
相変わらずのうとうと状態wではありましたが、前曲からMCなしで入った『トトラの島』では一音聴いただけで、もう鳥肌ぞわ~~~でしたよ。
それにこの日の倫典さんはどの曲も音がすごくよかった!
CDよりはるかにいい音を聴いた気がします。
すごく印象に残るライブでした。
ソロのラストは北海道をイメージした『大地の輝』
この曲は最初に聴いた時(昨年の鷹彦さんとのライブ)からもってかれちゃってる曲なんですが、開演前に『富良野』を手にして、ブックレットにあった前田真三さんの写真にもすっかり引き込まれていたので、聴いた瞬間にまたまた全身ぞわ~~~{{{{(
Θ
Θ*)}}}}
身震いしちゃいました。
ちなみに前田真三さんは私が写真にのめり込むきっかけになった写真家。
毎年カレンダーを通販で取り寄せるくらい大好きでした。
北海道・美瑛の写真が有名ですが、真三さんの撮る上高地もいいんですよ。
このところご無沙汰していたので、写真見ただけでめちゃめちゃテンション上がっちゃいました♪
やっぱ、えーです
再び岸部さんをお呼びしてセッション♪
実は、主催者さんから「お題」をいただいていて、即興のようなカンジで何かを。とのことだったようですが、倫典さんは岸部さんにすべてお任せ。と。
岸部さんはというと、ちゃっかり新曲も持ってきていた模様w
でもそれをその場で知った倫典さんは、
『あとでな』 ( 一一)
その曲をお二人で演奏♪
その後のMCで岸部さんが倫典さんの付き人をしていた時に、倫典さんの車でおかま掘っちゃった話を初暴露!
倫典さんは『車なんともなかったぞ』と言いながらも、
『あとでな』( →_→)
最後はとっても和やか~な雰囲気に。(笑)
ECではokayanさんも加わって、とっても楽しい2時間半はあっという間に終わってしまいました。
倫典さんの「Ryntenバイエル~vol.90「”The Water is Wide”を弾こう5」にもこの日のことが書かれてますヨ。
終演後、CDへのサインを待つ列の中で埼玉のコタ友さん発見!(笑)
前日DAITAのライブに行かれたそうで (;^_^A
さすがでございます。<(_ _)>
さらに「Far East Club」の紙袋を頼りに、twitterでお会いできるといいですねと言ってたAldonetさんに声をかけていただき、初顔合わせ♪
Aldonetさん、開演前にイイコトがあったみたいで、ブログにUPされてました♪
Aldonetさんのブログはコチラ
お二方とも8月のいわきへ参戦とのことでしたので、再会をお約束して会場を後にしました。
その後、Mookさんとmas830さんとちょこっとだけお疲れ様会{%ビール(カシャン)hdeco%}
ひとあし先にお店を出た後、JR新宿駅の方向を間違い、新幹線の時間ギリギリで東京駅構内を猛ダッシュ!{%ダッシュhdeco%} (また走ってるな・・・ (=^‥^A )
新幹線飛び乗り状態で、帰路につきました。
慌しい1日でしたが、とーっても楽しかった♪
行ってよかったー!( v ̄▽ ̄) ♪
と充実感たっぷりのライブでございました。
8月の倫典さん withコータロー in いわき がめっちゃ楽しみでーす

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。