せっかく東京まで行くんだから。と、実は今回4つの目的がありました。
その最後。
コータロー出演の太郎ちゃんのラジオ番組終了後、
向かったのは品川駅・高輪口すぐのビル。
このビルの地下は、ちょっと一杯~って感じのお店が並ぶフツーの飲食街。
ここにある「ぺんじゃっく」というライブパブへ行ってきました。
ある方に会う為に。
清水 仁さん
元・オフコースメンバーの。です。
ココで定期的にライブをやっていらっしゃるんです。
スケジュールがようやく合い、お会いすることができました。
最後にお姿を見たのはオフコースのラストツアーのラスト公演(1989年2月)ですから、かれこれ20年も(!!)前のこと。
解散後もずっと追っていたんですが、いつの間にか活動もわからなくなり、何をされているのか気になりながらも時は過ぎ・・・
インターネットという便利なモノのおかげでABCの活動を知り、さらに清水さんがココで定期的にライブをされていると知ったのが約1年前。
それからはもう、会いたくて会いたくて。(笑)
この日その願いが叶いました。
もう夢心地!
もう手を伸ばせばそこに。っていう近さに仁さんが。。。
一歩間違えれば号泣ものでした。
だってオフコースの中で一番好きだったんだもん。
この日、仁さんはゲストでしたが、オーナーが親切に対応してくださり、これから名古屋に戻らなくてはならないからと、仁さんに声をかけてくださいました。
『仁さんに会いにきてくれたけど時間がないから』
『奇特な。。。』と見つめられた時はもう倒れそう。。。(爆)
おかげで短い時間でしたが、目の前で3曲歌ってくださいました!感激!(ToT)
もちろん私のために。です。(よね?)
歌ってくださったのはオフコースナンバーではありませんでしたが、もうその歌声が聴けただけで充分です。
ベースと共に聴こえてくる深みのある低い声は変わらず素敵でした。
もうめちゃくちゃ感動です。
携帯で数枚写真も撮らせていただきました。
オフコース時代には絶対あり得ない!
音楽活動を続けていてくださったことも嬉しかったし、何よりもとても楽しそうに歌っておられたのが印象的でした。
店を出てから感極まって、声出して泣いちゃいましたよ。
こんな日がくるなんて。
20年前には想像もできなかった。。。
今度はゆっくり声を聴きに行きたい。
東京に行ったら必ず立ち寄る場所がまた増えてしまいました。
これからは品川に通います・・・

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。