わたしにとって、家を何日も離れることは、一人になる時間をもたらしてくれるとても大切な時間だ。

とくに、移動している時は景色を眺めながら、いつもと違うことに気づくことが多い。

同じことを違う視点から見ている自分に気付いたりする。

今日も東京に向かう新幹線の中で、遠く南アルプスの重なる山並みを眺めながら、ふと気づく。

あれ?
わたしって、なんでこんなに悲観的で、絶望的に捉えているんだろう?
それ、おかしくないか??
と気づく。

いま、気になることがあって、常に思考が回っている。

不安も、怖れも、絶望も、どっぷりと感じながら、感傷的になって涙することも多い。

でも、ちょっと待って。

なぜそんなに絶望的にとらえるのだ?

起きている事実に変わりはなく、それによってネガティブな想いはあってもいい。

でも、この先の未来について、そこまで絶望的になる必要はないんじゃないか?

悲観的であってもいいが、楽観的でもいいはずだ。

絶望を感じてもいいが、希望をもっていてもいいはず。

いまのわたしは、希望なんて1ミクロンも感じてない。

もうこの世の終わりのような気分だった。
そこから悲観的になり、感傷的になっていた。

でも、いまの状況の中でも、希望を感じてもいい。希望をもってもいいはずだ。

ゼロか100。
それは自我がいつもやるパターン。

1ミクロンも希望を持てないなんて、それは思考のクセでしかない。

ワハハ!

それに気づいたら笑えてきたぞ。

絶望100%がそんなに好きなのか?

悲劇のヒロインでいたいのか??

いやいや。

それは御免だ。

いつだって前を向いていたい。

絶望的な状況であっても希望は捨てない。

それはわたしの特技でもあるはずだ。

この特技で、苦境はいくつも越えてきた。

楽観主義だっていいじゃないか。

だって、その方が毎日が楽しいんだもの。
楽じゃない。

絶望的は状況だって、楽観的でいていい。

そんなことをふっと思った。

こんなことに気づける、ひとりきりの時間、移動時間はわたしにとっては宝ものなんだなぁ。

昔から一人普通列車に揺られながらの旅は大好きだった。

わたしにとって、移動時間は単なる移動のための時間ではない。

とかく長距離を電車で移動する時間は、景色を愛でながら、違う視点も持てる、とても有意義で大切な時間なんだな。

いまは仕事の一部として、この大切な時間を定期的に持てていることに幸せを感じる。

これからもこういう時間、一人になる機会と時間を大切にしていこう。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

自然と人をつなぐ Nature Therapist /
山と森をこよなく愛す Outdoor Activist /
自然や風景に惹かれるままどこにでも足を運ぶ旅人(たびんちゅ)

自然界と繋がっていることは生きる力の源。わたしたち人間は地球に生きる多くの生命のひとつであり、自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできません。自然界の一部としてこの地球に生きている意味を考え、感じたままを言葉にして綴っています。
このブログは自分という樹の成長の歩みでもあります。

生かされていることに感謝しながら、愛する家族とともに、自由に生き、安らぎに満ちた日々を過ごせることが何よりの幸せ♡

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。