朝から気持ちのいい晴れっぷりの日。
くるりんと巻いたところが尻尾みたいで可愛かった雲。
カメレオンみたいだなぁ。

大晦日が雨予報のため、朝から大洗濯と片付けながらの大掃除の1日でした。

ダンナ氏が山友達と年忘れ登山に出かけたので、一人でやれるだけやります。

10月下旬から飛び歩いていたので、念入りに掃除する時間がなく、あちこちにまっくろくろすけが出没してました。(苦笑

片付けも、とりあえず、とりあえずで来たので、あちこち積み上がったものが(汗

洗濯を3回転するだけで午前が終わり、午後から片付け&掃除。

リビングのテレビ周りに手間取り、リビングと寝室をやり終えたら24時を回っていました。

腰痛持ちなので、休み休みやらないともたないんだけど、それでも終わったら動けないぐらいの痛さに。

お風呂も入れずノビていたら、息子がマッサージしてくれました。
ありがたい。

あ風呂から上がる頃、帰宅してきたダンナ氏にも、マッサージしてもらえました。

ダンナ氏にマッサージしてもらうなんて、いつぶりだろう?

下手したら妊婦の時以来じゃないか?

ダンナ氏はリウマチで肩や手に痛みが出やすいから、マッサージしてもらえるなんて超貴重!

息子ちんも、ダンナ氏も、「マッサージしてあげるよ」と声かけてくれたのが、何より嬉しかった。

二人から滲み出た優しさが、何より嬉しい。
こんな優しさを見せてくれたのいつぶりだろうか。

これも、自分の発言と行動が変わったからだろうなぁと自画自賛(笑)

相手を変えたければ、自分を変える。

それを信じて、自分の発言と行動が自然と変わるぐらいまで、心を整えたのは間違いないからね。
そこは、自己承認、自己承認!

これで、明日の水まわりとパソコンデスクの片付けも頑張れそうだ。

今読んでいる本

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。