とっていいのは写真だけ。 花の島・佐渡を歩いてしみじみ考えたこと

今日の1枚。
選んだのはこの写真。

今では貴重になってしまったオオミスミソウの花々です。

佐渡島から帰って、撮ってきた写真を見ながらつくづく思います。

とっていいのは写真だけ。とね。

佐渡島の山中を歩き、たくさんの自生する花々を愛でてきました。

あれだけ見事な花々の群落は、本州ではそう見られるものではないです。

でも、本州でもかつては見られたであろうお花畑なんですよね。

なくなってしまったのは「人」によるものが大きいのでしょう。

最近は盗掘の話をよく耳にします。

山野草を園芸用に取っていく人、個人の鑑賞用に取っていく人、食用に取っていく人など、目的はさまざまのようです。

事情はなんにせよ、そこにあるから育つのであって、育つスピードより抜かれる量が多ければ減ってしまうんですよね。

特定の花だけじゃなくても、どんな花でも、自然のひとつであり、生態系のひとつです。

そのたったひとつの花が原因で、生態系が崩れてしまうこともあるんです。

花は、その花を好む昆虫を育て、昆虫は動物の餌になり、動物の死骸は微生物に分解され、土に還る。
そしてその土の上に花が咲く。

循環するいのちをいただいていいのは、生きていくために、自分の分だけでいいんじゃないか。

鑑賞のため、他人のため、お金のため…

山野草だけでなく、山の幸、海の幸も同じだと思うんです。

「昔」はよくても、「今」は自然に対してインパクトがあり過ぎることもあります。

「島」という環境があるからこそ今も見られる花々を愛でながら、深く考えさせられました。

生きるために必要でなければ、取るのは写真だけにしておきましょう。

どんないのちもいつまでも輝いていて欲しい。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です