治療を中断した歯が化膿して、骨が空洞に。11年前に通院していた歯科に転院しました – 20171221

日曜日あたりから歯が痛くなりだして、数日おいたけど良くなるどころか、痛みが広がってる感じがしてきたので、歯医者に行ってきた。

実は、治療中の歯なんだけど、担当の先生とイマイチ相性が合わなくて治療途中で通院を止めてたんです。

この痛み、さすがにマズいと思いました。(汗

でも、もうあの先生の元で治療を続けるのは、正直気乗りしない。

そこで、歯科医院を経営している友人に相談してみると、「一番大切なのはドクターとの信頼関係だよ」と言われました。

そうだよね。

この言葉で転院を決意して、過去に通院していた中から、感じのよかった歯科医院へ連絡してみました。

治療中だったこと、前の先生と相性が合わなかったこと、現在の状況を伝えました。

快く受け入れてくださり、今日行ってきました。

聞いてみたら、以前通っていたのは11年前でした。

ちゃんとデータで残っていて、当時の状態も画像で見せてもらいました。

この歯科医院はレントゲンの他、CTスキャンもあります。

さらに、先生が口の中をカメラで撮影してくださり、診察後にその画像を見ながら、その日の治療を見ながら説明してくれます。

最初だった今日は治療中の動画も見せてもらいました。

わたしの痛みの状況は、かなりひどかったらしく、画像を見てびっくり。

歯茎が化膿して、膿がたまっていました。

痛みの原因は、やっぱり治療を中断させてしまった歯。

過去の治療で神経はすでになく、被せてあったものを外して、中をキレイにして、被せ直す前の段階、仮歯の状態で止めてました。

その歯の奥で起きた化膿が、歯茎にまで出てきていました。。。

そして、歯を支えているはずの骨が無い… と言われてしまいました。

レントゲン画像ではほとんどわかりませんでしたが、CTを見ると歯の下にぽっかりと空洞ができていました。

あーあ。

この日は麻酔して、膿を全部出し、とりあえず炎症を止める治療をしてもらいました。

炎症を止めなければ、治療ができないですから。

最悪、抜歯かもなぁ。。

こればっかりは、もう天に任すしかないです。

年明けに本格的な治療が始めるまで、しばらく通院が続きそうです。

歯は大切です。

歯の治療で大切なのは、歯科医院選びだと痛感しました。

信頼して、通い続けることができなければ、かえって状態を悪化させます。

定期検診で通っている頃から、前の先生には違和感があって、もっと早い段階で転院するべきでした。

今の先生の治療の仕方は本当に丁寧で、患者サイドに立って、進めてくれます。

先生の方針は「歯医者が受けたいと思う治療」なんですよね。

前の歯科医院は自宅から15分、今のところは片道1時間かかる場所です。

時間も、交通費もかかります。

それでも通いたいと思いますもん。

こういう先生に巡り会えて、転院してよかったと心から思います。

転院を決意させてくれた友人には、感謝しかないです。

今読んでいる本

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です