今日から3日間、心の師匠・あけみちゃん(岡部明美さん)のワークショップに参加するため、滋賀県の大津市へ。

ワークショップは午後からなので、午前は寄り道を試みる。

琵琶湖に浮かぶ竹生島に行ってみようと、早起きして家出。

ところが、出発直前に気が緩んでしまったことが原因で、家を出る時間が予定より遅れてしまい、竹生島に向かう船に間に合うかギリギリの状況になってしまった。

うっかり平日だということも忘れていて、通勤渋滞にもハマる(泣

焦る。焦る。焦る。

結局、目の前で竹生島に向かう船が出航… タッチの差でした。。

気を取り直して、三井寺に向かうことに。

紅葉はちょっと早めでしたが、いい感じです。

金堂に祀られている秘仏御本尊様にだけご挨拶して、すぐ近くの開運そばさんへ。

あっという間に行列ができてしまうんですが、誰もいない時間に入店して、ゆっくりお蕎麦をいただけました。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 別所駅三井寺駅浜大津駅

まだ時間があったので、さらに足を延ばして、近江神宮へ。

七五三参りの子供達がとても可愛かった。

午後からは琵琶湖のほとりで、2年ぶりのワークショップに参加。

いやはや懐かしい景色だ。

今読んでいる本

今日の1000日チャレンジ

ブログ更新:記事
100円貯金:00円 累計00円
via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。